車検の費用相場はどれくらい?車種別の費用の目安や依頼場所の賢い選び方までマルっと解説!

車検費用は実際どれくらいかかるのか、相場を調査

車検は車を安全に乗るために欠かせない大切な検査ですが、高いというイメージが強いですよね。

とはいえ、具体的にどれくらいかかるのか知らないという方も多いことでしょう。

直前に慌てたり悪徳業者に騙されたりしないためにも、車検の相場を知っておくことが大切です。

この記事では、すでに車を所有している人はもちろんこれから購入予定の人も参考になるように車検の費用相場をまとめています。

さらに車検費用を少しでも節約するためにできることをどこよりもわかりやすく解説しているので、ぜひ最後まで目を通してみてください。

お得な車検業者を探すなら【楽天Car車検】で決まり!

楽天Car車検
画像引用元:楽天Car車検公式ページ

希望条件に応じて車検業者を検索できる楽天Car車検なら車検費用の節約も楽々叶います。

複数の車検業者の見積もりを無料で比較すれば、「この整備項目は削れそう」「こちらの業者のほうが価格が良心的だ」など上手にコストダウンできるという仕組み◎

提携業者の98%がクレジットカード払いOKなので、お得にポイントを貯めたい方にももってこいです!

楽天カードなら車検費用支払いで最大1.5倍のポイントゲットも^^

クレジットカード払い対応店舗のほかに、以下の条件でも車検店舗を探せるので忙しい人にもおすすめです。

  • 土日に車検OK
  • 一日車検対応
  • クレジットカード対応
  • ローン払い可能
  • 楽天ポイントが貯まる

車検代をできるだけ抑えたいなら、まずは楽天Car車検で見直してみましょう。

\車検費用の見直しならココ!/
楽天Car車検で
車検費用を節約する
※無料見積もりOK※

【普通車・軽自動車別】一般的な車検費用の内訳と価格表

車検費用には法定費用と車検基本料、整備費用がある

車検費用は、「法定費用」「車検基本料金」「整備料金」に分けられます。

法定費用は普通車なのか軽自動車なのかなどの条件によって金額が異なるため、当てはまる箇所の金額を足して車検費用を計算してみてください。

法定費用

法定費用とは「自賠責保険」「自動車重量税」「印紙代」の3つのことを指します。

それぞれの費用を普通車と軽自動車に分けて紹介します。

①自賠責保険

普通車(自家用乗用車)軽自動車
12か月12,700円12,550円
24か月20,010円19,730円
37か月27,770円27,330円

自賠責保険とはすべての自動車・バイクに加入が義務付けられているため、強制保険とも呼ばれます。

対人事故の際に保険金が支払われますが、補償対象に運転者自身やモノは含まれていません。

車を使用する目的や車種、契約期間によって費用が異なりますが、どの保険会社で契約しても同じ金額です。

②自動車重量税

自動車重量税とは車両の重さに応じて課される税金で、国税として道路整備予算に使われます。

登録時と車検時に次回車検までの2~3年分をまとめて支払うのが一般的です。
下記に2年分の自動車重量税を表にしました。

エコカー
(本則税率)
エコカー対象外
(右以外)
エコカー対象外
(13年経過)
エコカー対象外
(18年経過)
~500kg5,000円8,200円11,400円12,600円
~1,000kg10,000円16,400円22,800円25,200円
~1,500kg15,000円24,600円34,200円37,800円
~2,000kg20,000円32,800円45,600円50,400円
~2,500kg25,000円41,000円57,000円63,000円
~3,000kg30,000円49,200円68,400円75,600円
軽自動車5,000円6,600円8,200円8,800円

エコカーとして認定された環境に優しい車だと減額され、反対に環境への負荷が大きい車は増額されるのが特徴です。

③印紙代

印紙代とは車検費用や発行手数料の支払いにかかる代金です。

指定工場認定工場
軽自動車1,100円1,400円
普通自動車(5ナンバー)1,200円1,700円
(印紙代400円+証紙代1,300円)
普通自動車(3ナンバー)1,800円
(印紙代400円+証紙代1,400円)

印紙代は国、証紙代は地方自治体に対しての証明書となります。

実際には車検業者が手続きを行いますが、自分で車検を行ういわゆるユーザー車検の場合は認定工場と同額です。

指定工場・認定工場とは、車検業者が保有している資格の種類を指しています。

車検基本料金

車検基本料金は車検を依頼する業者に払う料金で、例として以下の費用が含まれます。

  • 検査手数料
  • 基本点検料技術料
  • 作業工賃
  • 引き取り・納車手数料
  • 書類作成代行手数料
  • 代車費用

内容も金額も車検業者が独自に設定しているので、車検基本料金は車検を受ける店舗によって最も差が出やすい部分になります。

そのためどこで車検を受けるかによって金額が大きく異なりますが、目安をあえて示すのであれば1万~10万円程度です。

整備料金(部品交換費用)

整備料金とは、安全な走行のために必要な部品の交換やメンテナンス費用です。

例えばオイルやブレーキパッドなど、消耗品なのでいずれは交換する時期が来ます。

古い車になればなるほど交換する部品の数が増えるため支払いも膨らむでしょう。
交換の際に使用するアイテムやブランドによっても価格は変動するので、金額を予想するのは難しいです。

日々のメンテナンスを怠っている人や車に負担のかかるような乗り方をしている人は注意しましょう。

【車検代はいくら?】車検の相場を依頼場所別に比較

依頼する店舗によって車検費用は変わる

一定で決まっている法定費用に対して車検基本料は幅があり目安が分かりにくいと感じたことでしょう。

結論から言うと、車検基本料金は車検を受ける場所によって差があるのです。

車検場所法定費用車両基本料金合計
ディーラー32,770円38,340円71,110円
車検専門店32,770円20,000〜24,000円52,770円~56,770円
ガソリンスタンド32,770円13,600円~53,670円~
整備工場32,770円33,400円66,110円

ディーラー、車検専門店、ガソリンスタンド、整備工場はいずれも車検を受けられる場所として知られています。

車検にお金をかけたくない方におすすめなのは、相場が安い価格帯で安定していて安心な車検専門店です。
とはいえ法定費用と合わせて5~6万円程度はかかるので、慌てないよう事前に準備しておく必要があります。

ガソリンスタンドは車検専門店と整備工場の間くらいのイメージを持ってください。

ディーラーは安心感があって一見よさそうですが、一般的に高くつくので節約したいならおすすめはできません。

【車所有者の方向け】車検の急な出費を抑えるには?

ここまで車検の費用目安をお伝えしてきましたが、思ったより大きな出費で負担に感じた方も多いのではないでしょうか?

そこで車を所有している方、これから所有したいと考えている方それぞれに向けて車検費用の負担を減らす方法を紹介していきます。

「車を所有したい」「乗り換えたい」と考えている方はこちらからチェックしてください↓
【車未所有者の方向け】車検を含め維持費を節約するには?

車検ローンを利用する

車検の負担を減らすためにローンを活用するのもあり

車検の出費を少しでも軽くしたい人にオススメなのが、ローンを利用して分割で支払う方法です。

一括払いよりも負担を軽減することができるので、まとまったお金が用意できそうにないという人に向いています。

ローンといっても下記の通りいくつか選択肢があります。

  • 自動車ローン(マイカーローン)
  • 金融機関によるローンやカードローン
  • 車検をお願いする店舗のローン
  • クレジットカードでの支払い

マイカーローンは通常車購入費用に使うローンですが、車検代に利用できるローンも。
1~5%と最も金利が低いですが、その分審査が厳しく時間がかかるのが特徴です。

続いて銀行など金融機関のローン(フリーローン)の金利は2~15%で審査には2週間程度かかります。

最も審査が短く通りやすいのが車検店舗のローンですが、金利は5~15%と高めです。

クレジットカードはローンとは異なりますが、金利は8~18%程度で分割払いが可能。
ただし、クレジット支払いに対応している業者かどうか事前に確認が必要です。

事前に見積りを取る

複数の見積もりを取って比較すると車検費用の節約につながります。

車検業者を最初から一つに絞ってしまうと、比べられないので結果的に高くなってしまってもそのまま支払ってしまうということになりかねません。

査定だけなら無料で行っている業者も多いので、積極的に利用してみましょう。

不要な整備項目を減らす

いくつかの業者で見積もりを取ったら、不要な整備項目がないかチェックしてみましょう。

整備項目は、必須項目と必須ではない(後回しにしてもOK)項目※に分けられます。
※例えばエアコンのフィルター交換など

車検業者によって見積もりの内容は異なるので、今すぐ必要ないと判断できる項目が見つかれば費用を抑えるチャンスです。

楽天Car車検が便利!3つのメリットとは

楽天Car車検
画像引用元:楽天Car車検公式ページ

楽天Car車検は車検の見積もりや予約ができるサイトで、車検の節約にうってつけのサービスです。

そこで楽天Car車検を利用すべき理由を、3つのメリットとしてまとめてみました。

  • ローン利用可能な店舗が多く見つかる
  • 事前に無料査定が可能
  • 楽天ポイントが貯まる

車検は費用もかかるものですが、賢く実施すればお得に済ませることも可能です。

メリット①ローン利用可能な店舗が多く見つかる!

楽天Car車検にはローン可能な業者が多数掲載されていて簡単に検索できます。

楽天Car車検ローン支払いできる店舗検索画像引用元:楽天Car車検公式ページ

楽天Car車検で絞込検索すれば、いちいち「ローン払いはできますか?」と問い合わせて確認する手間がかかりません

また楽天Car車検提携の98%の業者がクレジットカード支払いに対応しています。

メリット②事前に無料査定が可能

楽天Car車検なら、事前に車検の無料査定ができるので費用の目安が分かって安心です。

まずは楽天Car車検のサイトから車検見積もりの予約をして、店舗に実車を持ち込みます。

見積もりに納得できたら車検日を決定して車検本番、という流れです。

納得できるまで無料査定を行い、見積もりの比較をすることでコストダウンにつながります。

メリット③楽天ポイントが貯まる!

楽天Car車検はカード払いにして「ポイントを貯めたい」「お得なキャンペーンに参加したい」という方におすすめ◎

特に楽天カードなら見積もり予約&実施だけでも500ポイントプレゼントがあります。

さらに車検費用を楽天カードで支払えば、ポイントが最大1.5倍になるのでとってもお得です!

\車検業者探しならお任せ!/
楽天Car車検で
車検費用を節約する
※無料見積もりOK※

【車未所有者の方向け】車検を含め維持費を節約するには?

続いて、まだ車を持っていない方あるいは乗り換えをお考えの方向けに車検を含む維持費を節約する方法をお伝えします。

維持費の高い車を選ばない

将来的に維持費を節約したいなら、車を購入する際に維持費が高いとされる車を避けましょう

以下の車は維持費が高い傾向にあるので注意してください。

  • 外国車
  • スポーツカー
  • SUV
  • ミニバン
  • 古い車

逆に軽自動車やエコカー、中古車であっても新しい年式のものを選ぶと維持費の節約につながります。

詳しくはこちらの記事で維持費の節約についてまとめているので、参照してください↓
車の維持費を節約できる方法7選!維持費の月間・年間シミュレーションも車種別に比較

カーリースを利用する

購入に比べて負担の軽いカーリースがおすすめ

そもそも車を購入せず、車検代も月額に込み込みのカーリースを利用するのもおすすめです。
(カーリース会社やプランによっては月額料金とは別の場合もあるので注意してください。)

車を購入するよりも低予算で契約もオンラインで完結するという手軽さから、近年カーリースを利用する人が増えています。

購入と比べて維持費の負担も圧倒的に少ないので、車検代が用意できるか不安な方にはぴったりでしょう。

車検代も込み込みのカーリースならKINTO
KINTO

画像引用元:KINTO公式サイト

KINTOは、車検・保険料・メンテナンス込みでずっと定額なのが特徴のカーリースです。
※5年・7年のプランのみ適用

具体的には、月々3万円~トヨタの新車に乗ることができます。
※車種や保険の種類によって金額は異なる

KINTOを利用すれば「今年は車検だから」と生活費を削る必要はもうありません!

KINTOを利用した人の口コミ

調査方法:WEBアンケート(クラウドワークス)
調査エリア:全国
調査対象:KINTOを使用した人25名
年代:20代~50代 調査期間:2021年6月下旬

30代/男性/とりっちさん
契約した車種/パッソ
月々の支払額/37,510円
選んだ理由/決まった額でお金の管理がしやすい

定額制なので、非常にお金の管理がしやすいと思いました。常に車に乗るわけではないので、必要な時に車に乗っているという感じなので。軽ですと、都会でもスイスイ走りやすいので車種も気に入ってます。また、最初の契約段階で車に手を出すハードルが少ないと感じました。

40代/男性/きたぐにさん
契約した車種/ヤリス
月々の支払額/44,550(3年プラン)
選んだ理由/新車に月額制で乗れる

今まで維持費を気にして車を選んでいました。 定額支払うだけなので余計な心配がなくなり自分に合った車選びが出来るようになりました。 お金の管理もしやすくなりました。 心配していたアフターフォローも全く問題ありません。 定期的に新しい車に乗りたい私にはピッタリです。

KINTOの公式サイトでは車種ごとの支払いシュミレーションもできるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

\車検を含む維持費を節約するなら/
KINTOで月額を
シミュレーションしてみる
※急な出費に焦らない※

KINTOについてさらに知りたい方はこちら↓
【KINTO(キント)vs新車購入】KINTOの評判・口コミってどうなの?高いってホント?

車検費用に関するその他のQ&A

車検の費用についてよくある疑問をまとめましたので、参考にしてみてください。

Q1.車検1回目の費用は?

車検1回目は購入から3年目に受け、費用は7~8万円程度が相場です。
※貨物自動車や特殊用途自動車などの初回車検は購入から2年目

自家用乗用車(13年未満の非エコカー)で2年分の保険を支払う場合

  • 自賠責保険24か月分・・・20,010円
  • 重量税・・・8,200円
  • 印紙代・・・1,800円

法定費用合計 30,010円
車検基本料  40,000円~50,000円

先述の通り、車検費用のうち法定費用は一律でかかります

車検基本料には幅があり1~10万円とお伝えしましたが、一般的には初回は劣化がそれほど進んでいないため比較的安く済むでしょう。

とはいえだいたい4~5万円程度を想定しておくと安心です。

Q2.車検代はクレジットカード決済可能?

車検費用のうち法定費用は現金払いのみでクレジットカード払いは不可

車検代のうち、車検基本料金(整備費用)はクレジットカード決済が可能ですが、法定費用にはクレジットカード払いはできません

ただし、中には法定費用も含めて全額クレジットカード払いOKな業者もあるので、事前に確認しておくと良いでしょう。

とはいえ原則としては法定費用は現金払いのため、クレジットカードは使えないと覚えておいてください。

Q3.車検代は分割払いできる?

車検費用の車検基本料金に関しては「ローン払い」または「クレジットカード払い」で分割払いが可能です。

ただし法定費用は現金払いがほとんどなので、分割払いはできません。

ごく稀に法定費用も含めて分割払い可能な業者もありますが、心配な方は事前に問い合わせておくことをオススメします。

Q4.大型バイクの車検代はどのくらい?

大型バイクの平均車検費用は4~6万円程度です。

排気量が250cc以上のバイクは、2年ごとに車検を受ける必要があります。

車と同様に法定費用は一定ですが、整備など車検基本料金によって金額は上下するので注意してください。

車検代は節約できる部分もある!

紹介してきたように車検には節約できる部分もありますが、ある程度まとまったお金が必要なのは事実です。

計画的にお金を準備する、あるいは用意しなくてもいいようなサービスを利用するなど、自分に合った方法で対策しましょう。

その上で、車を持っている人もこれからの人も、少しでも本記事を参考に車検の負担を減らしてみてくださいね。

>>車所有済みの方向けの節約方法をもう一度チェックする

>>車未所有の方向けの節約方法をもう一度チェックする