走行距離10万キロ超えの中古車は危険?購入・売却時のチェックポイントを解説

10万キロ超え中古車は問題ない?

中古車の価格に大きく影響する要因の一つが走行距離です。

一般的に走行距離の多い車は故障しやすく、傷や汚れも目立つことから良いイメージは持たれません。

走行距離が10万キロともなると、中古車としての価格もグッと下がります。
反面、購入するには不安という方が多いのも事実。

一方で10万キロを超えていたとしても、現在の車両技術なら問題ないとする説も。

今回は10万キロ以上の走行距離がある中古車に関して、「本当に危険なのか」「なぜ危険なのか」を解説いたします。

また購入時・売却時の注意点やチェックポイントもお伝えしますので、10万キロ以上の中古車を買いたい・売りたいという方はぜひ参考にしてみてくださいね。

中古車は10万キロ以上の走行距離があっても問題ない?

結論から言うと、通常であれば車のボディはほぼ問題ありません。
※1年で1万キロ前後走行すると仮定し、10万キロの走行距離=10年程度乗車した車と想定する場合
※事故歴・水没歴があったり沿岸部や降雪地帯で使われていた車体を除く

定期的なオイル交換などのメンテナンスがされてきたものであれば、エンジン本体についても10万キロでは特に問題はないでしょう。

前提として近年の車製造技術は従来に比べ飛躍的に進化しています。
10万キロオーバーの車であっても「メンテナンスさえ行っていれば問題ない」という見方もあるのはそのためです。

しかし走行距離10万キロという数字は、ボディやエンジンの耐久性がどれだけ進化した現在であっても一つの節目には違いありません。

問題があるのは車本体ではなく、重要部品の方

10万キロは自動車にとって一つの境界

走行距離10万キロが未だに車としての境界になってくる理由は、車の重要部品が10万キロを目安に交換サイクルを迎えるためです。

エンジン周りの補機類と呼ばれる部品や、車体とタイヤの間に位置するサスペンションの寿命は「10万キロ」とされています。
ボディやエンジン内部には問題なくとも、それを支えている部品類は非常に繊細なのです。

また空調(エアコン)に不具合が生じやすい節目も、「10万キロ程度」と言われていることは事実。
10万キロの走行距離=10年ほど乗っていれば、部品以外にも車内空間の居住性も低下していきます。

エンジン補機類の寿命に関してはこちら

エンジン本体のピストンやクランシャフトなどの主要部品は、確かに20万キロ以上の耐久性があります。
ただしエンジンの補機類と呼ばれる部品には、そこまでの耐久性はありません。

  • セルモーター
    エンジンを始動させるためのモーター
  • オルタネーター
    バッテリーに電力を供給する発電機
  • ラジエーター
    エンジン内の熱を冷却する装置

そのためどのメーカーも、10万キロを目安に各重要部品の保証を打ち切ることが多いです。

サスペンション周りの部品性能寿命に関してはこちら

サスペンションはタイヤと車体を支える部品で、車の乗り心地や操縦性を左右する部品です。

不具合によって車がすぐ走行不可能になるわけではありません。
しかし揺れが治まりにくく車酔いしやすくなったり、直進性が悪化するなどの不具合が生じ得ます。

ハンドリングの取りづらさや車内居住性の悪さを徐々に実感していくことになるでしょう。

「10万キロ」前後で起こり得るエアコンの不具合に関してはこちら

【過走行によって生じやすいエアコンのトラブル】

  • 冷房の効きが悪くなる
  • 冷風・温風の切り替えがおかしくなる
  • エアコンを起動するとエンジンが振動する
  • 送風口からカビ臭いにおいがする

これらの不具合は走ること自体に直接の支障はありませんが、年間を通して外気温と室内温に温度差のある日本の気象状況を考慮すれば致命的。
特にエアコンの臭いに関しては、エアフィルターを交換してもなかなか除去できるものではありません。

エンジンや安全装備などの重要部品のメーカー新車保証は5年10万キロまでとなっていることが多いです。
※一般部品は3年5万キロ保証

「今の車なら20万キロは走る」という意見も間違いではありませんが、かなり厳しい条件が伴うことは覚えておきましょう。

軽自動車の場合も10万キロが境界?

軽自動車の場合は一般的に5万~7万キロが境界と言われており、中古車の場合はこの走行距離を目安に値段が下がります。

しかし昨今の軽自動車は技術開発も進み、普通乗用車と同じ程度の寿命を得ることができているのです。

つまりメンテナンス次第では10万キロを超える走行距離を走ることも期待できます。

ただし普通乗用車に比べて多少は耐久性が低いことも事実。
軽自動車の場合は、普通乗用車以上にメンテナンスに気を使いましょう。

走行距離10万キロ以上の車の価格相場

通常の中古車平均価格と比べて、走行距離10万キロを超えた中古車の売値はおよそ20%~50%程度安くなります。

以下は走行距離10万キロオーバーの人気車種別平均価格一覧(一例)です。

※スマホ表示の場合は横にスクロールします。

10万キロオーバーの平均価格
※年式=10年落ち
中古車平均価格 新車価格
アルファード(トヨタ) 102万円 373.5万円 500万円~700万円程度
ノア(トヨタ) 35万円 179.5万円 280万円~350万円程度
ワゴンR(スズキ) 18万円 69.5万円 120万円~180万円程度
ヴェゼル(ホンダ) 86万円※8年落ち 152万円 230万円~400万円程度
デリカD:5(三菱) 70万円 211.5万円 400万円~500万円程度
レクサス IS 87万円 249.5万円 540万円~670万円程度

価格帯参照元:ズバット車買取比較サイト

車種にもよりますが、中には新車価格の5分の1以下の値段になっているものも。

走行距離10万キロ以上を超えた車がどれだけお買い得かがおわかりいただけると思います。

お買い得中古車の購入なら「ズバット車販売」がおすすめ

ズバット

画像引用元:ズバット公式サイト

「ズバット車販売」は、欲しい車の条件を伝えるだけでプロが車を探してくれる便利な中古車販売サイト。

非公開車両も含めた車探しで、アナタの希望にピッタリの車を探してくれます。
※非公開車両:まだ市場に出回っていない、在庫登録されていない車両

ズバットに提示できる希望条件例
  • 10万キロ超えでも年式は5年以内の車がいい
  • とにかくお買い得で丸みのあるデザインのコンパクトカーがいい
  • 8人乗りのミニバンで予算は50万以下、低年式・過走行でも構わない
  • 白いカラーで80万円以下のアクアがほしい

予算・年式・走行距離・メーカー・車種・カラー、なんでも絞ってOK!

たとえ走行距離10万キロを超えた中古車であっても、厳しい査定とチェックを経て入荷された車ばかり。

さらには全車種保証付きなので、万が一不具合が起こっても返品することが可能です。
※保証:有償保証。国産車最長10年、輸入車最長5年
※返品:車両本体価格での買取対応

欲しい車の条件入力は最短35秒、カンタン4ステップで完了します。

ぜひ条件にぴったりな一台を見つけてみてくださいね。

\全車種保証付き◎/
ズバット車販売で
お得な中古車を探す
※登録は簡単35秒!※

▼ズバット車販売の評判は以下の記事でもご確認いただけます。
>>ズバット車販売の評判・口コミをチェックする

【購入する際の注意点】走行距離10万キロ超え中古車のチェックポイント

10万キロオーバーの中古車でも、購入時にきちんと選別すれば大きな問題は避けることも可能です

10万キロ超えの中古車を購入する際のチェックポイントは以下。

前述もしましたが10万キロ以上の中古車は価格相場が圧倒的に安いので、見極めさえ間違えなければコストパフォーマンスは抜群と言えます。

ここからは走行距離10万キロ以上の中古車購入時のチェックポイントをお伝えしていきますので、購入を検討されている方はぜひ参考にしてみて下さい。

▼以下記事では一般的な中古車の注意点を解説しています。
>>【中古車購入時の注意点】後悔しないためのチェックポイント

①内装・外装ともに清潔かどうか

10万キロでも清潔感のある車を選ぶ

清掃が行き届いている車は「メンテナンスをきちんと行ってきた車」と考えて問題ないでしょう。

特に重要なチェックポイントは以下。

  • 車内シートやシートベルトの汚れ・シミ
  • エアコンからのにおい
  • ボディ部分のカビや腐敗

店頭に並ぶときには業者が清掃するものですが、それでもシミやにおいを取るには限界があります。

特にエアコンのにおいは車体内部のカビの見極めになるため、必ずチェックしておきたいところ。

ボディにカビや腐敗がないかどうかも大事なチェックポイントです。

もし雪国や沿岸部を走ってきた車体の場合、ボディにもカビや腐敗が発生している場合も。
これは修繕しようとするとかなりの費用・時間がかかります。

一見清掃が行き届いているように見える車台でも、きちんとボディの下回りまで確認しましょう。

▼臭いや汚れが目立つ中古車の場合、10万キロ超えでなくとも水没車である可能性があります。
>>【購入には要注意!】水没車の見分け方をチェックする

②【交換部品のチェック】定期点検記録簿(整備記録簿)の有無

10万キロ超えの中古車を選ぶ際には、必ず「定期点検記録簿」があるかどうかを確認しましょう。

「定期点検記録簿」とは12か月・24か月など法定点検の際にどこを整備したか、また交換修理したかを記録する整備記録簿です。

整備記録簿では以下の内容を確認します。

  • エンジンオイル・エレメント(オイルフィルター)の交換は適切に行われているか
  • タイミングベルトは交換済みか、いつ交換されたのか
  • その他に交換・修理された箇所はあるか、いつ修復されたのか

例えば「タイミングベルト交換済み」と販売店が銘打っていたとしても、いつ交換されているかが重要です。

交換部品が適切に交換・修理・整備されているかどうかは入念にチェックしましょう。

③異音やガタつきの有無

異音やがたつきは修復歴車の可能性大

エンジンの起動時または走行時に「ガタガタ」「ゴロゴロ」のような異音がする場合、機関内部にトラブルが発生している可能性があります。

またドアの開閉時にガタガタする・隙間や違和感がある場合には、修復歴車である場合も。

修復歴車は故障のリスクが高いため、避けたほうが無難です。

エンジン内部の異音は購入後すぐの不具合はなくても、しばらくしてから大きな欠陥が見つかる場合があります。

要するに少しでも違和感を感じたら購入は避けるべきと考えましょう。

④まっすぐに走行することは可能かどうか

直線を走行することができない場合は車軸やハンドルに問題を抱えている可能性が高く、走行安定性も低いため購入は避けましょう。

運転性能が悪いということは、それだけ事故に繋がりやすい車ということです。

確認するためには、まずは試乗することが最善策。
少しスピードを上げて急ブレーキを踏んだとき、まっすぐに止まるかどうかを確認します。

もし試乗ができない場合は、車体本体に歪みがないかどうかを目視で確認しましょう。
ボンネットやドアの隙間が左右で均等になっていない場合、何らかの理由で車が歪んでいる可能性が高いです。

走行距離10万キロ以上の車を売却したいなら?

車をなるべく高く売るためにできること

10万キロ超えの愛車を売却したい場合は、以下の点をなるべく徹底しましょう。

  • できる限り清掃しておく
  • 高く売れる時期(1月~2月)に売却する
  • 傷や凹みは自分で修理しない
  • 純正オプションなどは積極的にアピールする
  • 整備記録簿は正確に取っておく
  • 複数の買取業者を回る

意外かもしれませんが車の瑕疵(欠点)は自分で勝手に修理しないことが重要です。
素人が修理した部分は再修理が必要になり、余計に費用がかかって買取額に響く場合があります。

また買取店は複数店舗を回り、できるだけ相見積もりを取って査定額を交渉するようにしましょう。

▼車をより高く売る方法については以下の記事でも詳しくご紹介しています。
>>車を高く売る7つのコツをチェック!

車種によってはかなりの高値で売却できる!

高級車やスポーツカーなどは、10万キロ超えであっても高価買取額が付く場合もあります。

特に生産台数が限られているような車だと需要が高く、思わぬ高額査定で買い取ってもらえる可能性も。

もしお持ちの愛車が該当するのであれば、なるべく損のないように売却しましょう。

中古車の高額買取を狙うなら一括査定の利用が便利

一括査定サービスとは、一度の申し込みで複数の買取業者に査定依頼を行える便利なサービスです。

ご自分の足で店舗を回らなくても相見積もりが取れますし、一括査定を通せば複数の業者に査定依頼を行っていることは各業者も把握済み。

顧客を取られまいとどの業者も査定額を高めに提示する傾向にあり、何より一台の車を何社もの業者が競り合うため自然と査定額がつり上がりやすいのです。

当サイトイチオシの一括査定サイトは「カーセンサー」
カーセンサー

画像引用元:カーセンサー公式サイト

カーセンサーは提携業者数1,000社以上、同時査定依頼可能数30社を誇る業界大手の一括査定サイト。

車の買取は競り合う業者が多ければ多いほど高額査定が付きやすいため、カーセンサーの利用は最も高額査定が狙いやすいといっても過言ではありません。

過去には買取業者による差額が30万円もついた実績があるほどです。

さらに申込時にはメール連絡希望も出せるため、電話対応が苦手な方でも比較的安心して利用できます。
※ただし全く電話がかかってこないわけではありません(業者による)。

もちろん一括査定を利用したからと言って必ず売却しなければいけないわけではありません。
査定額に満足できなければ断ればOKです。

10万キロを超えていたとしてもせっかくの愛車なのですから、一度どのくらいの査定額がつくか確認してみましょう。

\利用は完全無料/
カーセンサーの一括査定で
高額査定を狙う
※申込みは90秒で完了※

▼カーセンサーの口コミ・評判などは以下の記事で詳しくご紹介しています。
>>カーセンサー(一括査定)の評判・口コミをまとめて解説

▼カーセンサーを含め、当サイトおすすめの一括査定サイトは以下の記事でまとめてご紹介しています。
>>おすすめの車一括査定サイトをチェック!

買取店で査定不可の場合は廃車買取へ

もし買取店での価格が付かなかった場合は、廃車買取を専門とする業者に引き取ってもらうことがベスト。

ご自分で廃車にするにもコストはかかりますし、なによりも手間が多いので大変な作業になります。

そもそも日本車は海外に大きな需要があるため、廃車であっても買い取ってもらえる可能性は高いのです。

業者を選ぶ際は手数料や引取エリアの他、海外への販路を持つ業者を積極的に選びましょう。

当サイトおすすめの廃車専門業者は「ハイシャル」
ハイシャル

画像引用元:ハイシャル公式サイト

ハイシャル廃車に関わる手数料一切無料の廃車買取専門業者です。

海外への独自販路を持っているため、車やパーツを最も高く買い取ってくれる国・地域へ再販することができます。
利益が生まれやすい分、高額買取を実現しているのです。

またハイシャル利用時のメリットとしては、買取金額を現金手渡しでも対応してくれる点。
現金がすぐに要りようの方にもピッタリです。

申込みはネット上から365日24時間受付可能、フォームへの入力はたったの20秒で完了します。

とっても簡単なので、廃車を検討されている方はぜひチェックしてみてくださいね。

\ネット受付24時間対応/
ハイシャルで廃車買取を
依頼する
※入力はカンタン20秒※

▼廃車理に関しては以下の記事で詳しくご紹介しています。
>>ハイシャルの口コミ・評判をチェックする

10万キロ超えの中古車は賢く購入・売却しよう

購入・売却の際は本記事で紹介した注意点を加味し、なるべく納得の行く価格帯での購入・売却を目指しましょう。

繰り返しになりますが昨今の自動車製造技術は大きく飛躍し、10万キロ超えの車であっても場合によっては乗車することも可能です。

ただし車にとっては、依然として「10万キロ」が大きな境界となることは事実。

損なく売却・購入ができるよう、ご自分で留意できる範囲のことは徹底しておきましょう。

車の選び方に関するその他の記事はこちらをご覧ください↓
安くてかっこいい車ランキング!予算内で一目置かれる車を探す方法

車買取業者を探しているならこちらをご覧ください↓
車買取業者おすすめランキングTOP5!評判のいい業者や高価買取の方法も解説。