【高い?】KINTO(キント)の評判・口コミってどうなの?利用した25人に聞きました!

【口コミあり】KINTOの評判・評価はどう?

若者を中心に知名度を伸ばしてきている「KINTO(キント)」。

ニュースでも取り上げられています。

初期費用と月々の費用を抑えてトヨタの新車に乗れるとあって、検討している方も多いのではないでしょうか。

しかしネット上では「高い」「高すぎる」という口コミのあるので、KINTOの利用に踏み切れない方がいるのも事実。

結論、KINTOは高いのではなく車にかかる費用すべてを真の意味で込み込みで表記しているサービスなのです。

月々1万円~というカーリースもありますが、リース期間が長かったりメンテナンス費や保険料がついていない一見安く見せているサービスが多数。

今回はKINTOを疑問点なく利用すべきか判断できるよう、本当に高いの?というところからメリット・デメリットまで触れながらどこよりも丁寧に解説します。

独自に調査したリアルな口コミもご紹介していくので、「KINTOを利用するか購入するかで迷っている…」「利用したいけど実際の評判がどうなのか気になる…」という方はぜひ最後まで読んでみてくださいね^^

ちなみにKINTOは数あるカーリースサービスの中でも、もっともおすすめしているサービスです。

他社との比較を見たいという方には以下の記事もおすすめしています。
>>【2021年9月版】おすすめのカーリース比較ランキング!厳選した人気サービスを紹介

\車のサブスクならKINTOで決まり!/

KINTO

画像引用元:KINTO公式サイト

KINTOは月々の支払いを抑えて、トヨタの新車に乗りたい方に向けたサービスです。
パッと思いつくだけでもKINTOのメリットはこんなにあります

  • 月額制でトヨタの新車に乗れる
  • 車検・保険料・メンテナンス込みでずっと定額
  • 審査~契約までWeb上で完結するから手間いらず
  • 初期費用ゼロ(頭金不要)で車が手元に来る
  • 指定のクレジットカードで払うとキャッシュバックあり

「車を購入するにはまとまった初期費用が足りない…」という方にはピッタリです。
特に、他社とは異なり任意保険までコミコミなので、等級の進んでいない方はさらにお得に利用することができます。

中には月々の支払いも、購入に比べ3万円以上安くなり、生活にゆとりが出たという方も。

【独自調査】実際のKINTOユーザーからの口コミ

最近の車は安全機能や走行支援機能などの進化がとても早く思えます。 日常に欠かせないものは、最新のものが当たり前に便利にきまっていると思っています。 スマホも車も日常には欠かせないアイテムなので、KINTOというサービスは車の替えやすさや、お金の管理のしやすさなどを含めとても理にかなったサービスだと自分自身は思いました。 古いものを長く大切に使うのも大事なことだとは思いますが、便利なもの、サービスを生活に取り入れてQOL(Quality of Life)をあげられることも大切かと思いました。

-KINTOしましたさん/30代/男性
契約した車種:ヤリスクロス
選んだ理由:決まった額でお金の管理がしやすい
月々の支払い:43,670円

定額制なので、非常にお金の管理がしやすいと思いました。常に車に乗るわけではないので、必要な時に車に乗っているという感じなので。軽ですと、都会でもスイスイ走りやすいので車種も気に入ってます。また、最初の契約段階で車に手を出すハードルが少ないと感じました。

-とりっちさん/30代/男性
選んだ理由:決まった額でお金の管理がしやすい
契約した車種:パッソ
月々の支払額:37,510円

【口コミ調査概要】

調査方法:WEBアンケート(クラウドワークス
調査エリア:全国
調査対象:KINTOを使用した人25名
年代:20代~50代
調査期間:2021年6月下旬

任意保険の等級が進んでいない若い方ならさらにお得に利用できる◎

審査に通ってから契約をするか決められるので、まずは無料で審査に通るか確認してみましょう^^

\トヨタの新車に乗り続けるなら/
まずはKINTOを利用できるか
無料審査を申し込む
※月額制で断然お得!※
KINTO公式サイト

Contents

【トヨタの新車に乗れる】車のサブスク「KINTO」とは

車のサブスク「KINTO」とは

KINTO」とはトヨタの新車を月額制で利用できるサブスクリプションサービスです。

詳しくは後述もしますが、KINTOの月額料には車に関わる諸費用(保険・車検など)も全部含まれています。

例えば車を購入して3年ローンを組んだ場合、1年目・2年目・3年目と金利の変動で返済額が安定しない場合も。
さらに車検やメンテナンス等で急な出費がかさんでしまうこともありますよね。

KINTOなら車検・保険・メンテナンスも全て込みでずっと定額です。

KINTOの契約期間は3年・5年・7年から選択できます。
※レクサスは3年のみ
18歳以上で免許を持っている方なら誰でも審査に申し込むことが可能です。

KINTOの企業情報は以下。

会社名株式会社KINTO(KINTO Corporation)
代表取締役小寺信也
事業内容自動車リース、自動車修理・点検、車両管理、中古車売買等、モビリティサービスに関わる一切の事業
所在地【名古屋オフィス】
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅四丁目8番18号
名古屋三井ビルディング北館 14F
(登録住所:名古屋市西区牛島町6番1号)
【東京オフィス】
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町二丁目3番1号
室町古河三井ビルディング7F(COREDO室町2)

トヨタの子会社として誕生した株式会社KINTO。

車両の使用者(契約者)とKINTOの間で車両の借用契約を交わし、KINTOとトヨタ正規店(レクサス正規店含む)との間で提携関係が結ばれているという仕組みです。

\ずっと定額でトヨタの新車に乗れる/
KINTOの公式サイトを
チェックする
※支払いシュミレーションもアリ※

KINTOを利用して乗れる車種は?【トヨタの人気車種勢ぞろい】

KINTOで取り扱っている車種は以下の通り。

KINTO専用特別仕様車ヤリスG”KINTOツーリングセレクション”
コンパクトカールーミー/パッソ/ヤリス/アクア/GRヤリス RS/GRヤリス RZ”High performance”(マニュアル車)
SUVRAIZE/ヤリスクロス/C-HR/ハリアー/RAV4/カローラスポーツ/ランドクルーザー/ランドクルーザープラド

【レクサス】
UX/NX/RX/LX

ミニバンシエンタ/ノア/ヴォクシー/エスクァイア/アルファード/ヴェルファイア
セダン・ワゴン・クーペプリウス/カムリ/カローラ/クラウン/カローラツーリング

【レクサス】
ES/LS/RC

モデリスタ・GRパーツ装着仕様RAIZE モデリスタ仕様/ヤリスクロス モデリスタ仕様 ELEGANT ICE STYLE/ヤリスクロス モデリスタ仕様 ADVANCE ROBUST STYLE/C-HR GRパーツ仕様/RAV4 モデリスタ仕様/ハリアー モデリスタ仕様/ヴォクシー モデリスタ仕様/ヴェルファイア モデリスタ仕様/アルファード モデリスタ仕様/クラウン モデリスタ仕様

【レクサス】
RX モデリスタ仕様/LX モデリスタ仕様

トヨタの人気車種が一挙にラインナップされています。

コンパクトカーからミニバン、レクサスまで取り扱っている間口の広いサービスです。

▼「KINTOで乗れる車種をもっと詳しく知りたい!」という方は、以下記事もぜひ参考にしてみてください。
>>KINTOの車種一覧を月額最安値とともにご紹介!KINTOが若者に選ばれる4つの理由とは?

KINTOの評判・口コミってどうなの?

KINTOの実際の評判・口コミをまとめました。

月々の支払いに関しては、安いと感じる方と高いと感じる方に分かれるようです。

KINTOに関する良い口コミと悪い口コミ、それぞれを詳しく見ていきましょう。

KINTOの良い評判・口コミ【月々の支払いが安い】

KINTOの良い口コミ・評判では、月々の価格が安くなる点や乗り換えられることが挙げられていました!

また当サイトが独自に行なったKINTOユーザーからのアンケート調査でも、やはり購入するよりも金銭的にお得という点が高評価のようでした。

口コミ調査概要

調査方法:WEBアンケート(クラウドワークス
調査エリア:全国
調査対象:KINTOを使用した人25名
年代:20代~50代
調査期間:2021年6月下旬

頭金無しで保険料やメンテナンス料込みで、トヨタ車を乗ることができます。走行距離に上限があるため、走行距離が多い人には向かないですが、街乗りくらいで走行距離があまり増えない人や数年サイクルで買い換えたい人にとっては魅力的なサブスクだと感じています。

-なんだかなぁさん/30代/男性
選んだ理由:諸経費がコミコミだから
契約した車種:パッソ/X”S”
月々の支払い額:32,780円

自分みたいなお金の管理だったりを考えたくないひとのはオススメできます。 年齢の若い人もまとまったお金がなくても現実的な金額の車よりワンランクアップした車種を選択できるサービスなんだと思いました。

-KINTOしましたさん/30代/男性
契約した車種:ヤリスクロス
選んだ理由:決まった額でお金の管理がしやすい
月々の支払い額:43,670円

またライフステージの変化に合わせて様々な車を選択できるという点も評価を集めているようです。

タイヤ交換などのメンテナンスもしてくれますし、サービスはかなり充実しています。数年ごとに車を乗り換えたいと思っている人にとっては、新車を買うよりもかなり安くつきますし、コスパは最高です。海外転勤が決まった時は違約金無しというサービスも嬉しいです。

-ゴンザレスさん/30代/男性
契約した車種:ルーミー
選んだ理由:決まった額でお金の管理がしやすい
月々の支払い額:約38,000円

\トヨタの新車にお得に乗れる/
KINTOでライフステージに合わせた
トヨタの新車に乗る
※車種のラインナップも豊富※

→申し込みの方法はこちらからチェック!

KINTOの悪い評判・口コミ【高すぎる?】

KINTOの悪い口コミ・評判を見ると値段に対して懐疑的な声もチラホラ・・・。

KINTOの悪い口コミには良い口コミとは反面、「値段が高い」という声も。

免許を取り立てだったり、これまでマイカーを持った経験がない方に非常に向いていると思いました。車検や点検、保険の費用の事を考えなくて良いのはやはりメリットが大きいと感じました。料金は少し高めのような気がします。

-ミシカさん/40代/男性
選んだ理由:新車に月額制で乗れるから
契約した車種:ルーミーG
月々の支払い額:39,380円

KINTOの月料金に関して、高いのか安いのかユーザーのよってもかなり意見が分かれるところでした。

評判や口コミの「KINTO」の高い月額問題!車購入と徹底比較

高いと言われることが多いKINTOですが、実は月々の料金で比べるとKINTOが利用したほうが購入よりも安くなります

一つの例ですが、ヤリスクロスの場合でKINTO利用時と車購入時で比べてみた比較表は以下の通り。

※KINTO:3年契約
※購入時:3年で乗り換える想定(ローン3年完済)

KINTO利用時現金一括払い自動車銀行ローン(5.0%の場合)
A:車両代・オプション代利用料に含まれる2,048,875円2,048,875円
B:税金・諸費用(自賠責・自動車税等)199,910円199,910円
C:任意保険・メンテナンス997,005円997,005円
D:分割払い手数料161,756円
E:3年後の下取り参考価格921,994円921,994円
F:3年後の総支払額(A+B+C+D-E)1,603,800円2,323,796円2,485,552円
月々の支払額(F÷36ヶ月)44,550円64,550円初回:70,552円
2回目以降:69,000円

車を手放す頃には、どうしても下取り額・買取額ともに大幅に下落してしまいます。
長く乗り続ければ乗り続けるほど、資産として手元に残りにくくなってしまうのが実情です。

比べてKINTOであれば最短3年スパンで常に新車に乗れますし、所有物にはなりませんがコスパの良いサブスクではあります。

またKINTOの利用価格は、車種や年齢・保険等級、新車購入の場合の支払い方法やローンの組み方によってもまちまちです。

保険等級が進んでいない若い層であれば、任意保険料も込み込みのKINTOの恩恵を受けられるでしょう。

詳しくは後述しますが、3年の短期リースでKINTOほど費用を落として利用できるカーリースサービスは他にないので非常におすすめです。

\購入時とシミュレーションで比較/
KINTOがどれだけお得か
詳しく見てみる
※審査まですべてWeb完結でラクラク♪※

他のカーリースサービスと比べてKINTOが高いと言われてしまう理由とは

KINTOが他のカーリースよりも高いと言われる理由は、保険料や車検などのメンテナンスも含めた値段を提示しているから。

月々1万円台~というカーリースサービスも多いですが、保険料やメンテナンスの費用も含めてシミュレーションすると月々の支払が高額になるケースも。
実際の試算を出したときにカーリースが思ったよりも高いと言われる理由です。

KINTOも当然、月々1万円台~と売り出すことはできます。

しかし、多くの人が入るであろう任意保険やメンテナンスプランも含めた真の意味でコミコミの値段を提示しているのです。

そこには、質の高いサービスを提供しているというKINTOの自信が見受けられます。

KINTOを利用するメリット7つ

KINTOを利用する際に押さえておきたいメリットを7つご紹介します。

  • 任意保険も込みで月額3万円~トヨタの新車に乗れる
  • 頭金がかからない
  • Web契約で完結、店舗に行く必要ナシ
  • ライフステージの変化に合わせて車に乗り換えられる
  • 新車なので安全面もバッチリ
  • メンテナンスは正規店で行ってくれる
  • クレジットでポイントが貯まる

どれも車に乗るにはお得なものばかりなので、利用を検討している方はぜひ予め知っておきましょう。

KINTOのメリット1:任意保険も込みで月額3万~トヨタの新車に乗れる

KINTOの月額は車種や保険の種類にもよりますが、3万円~スタート。
しかもこの月額の中には、保険料・メンテナンス費用・自動車税・車検も全て含まれています。

【KINTOコミコミ定額の内容】

  • 任意保険(車両保険含む)
  • メンテナンス(故障修理含む)
  • 車検※5年・7年プランのみ適用
  • 税金諸費用(自動車税・重量税・自賠責保険料)

任意保険料やメンテナンス代まで含まれるカーリースサービスは珍しく、一見安く見えるカーリースサービスでも見積もりを取ってみるとKINTOよりも高額になるケースも。
実際、カーリース利用者がもっとも後悔するのが思ったよりも割高だったという点です。

見せかけの値段で安く見せるのではなく、実際に必要な料金をはじめから提示しているところからKINTOがユーザーの視点に立っていることが分かります。

KINTOのメリット2:頭金がかからない

KINTOには頭金が不要

低予算の強みとしてもう一点お伝えしたいのが、KINTOの利用には頭金が不要という点です。

頭金の相場は車両本体価格の2~3割程。
200万円の車を購入するには、40万~60万程度の頭金が必要です。

もちろん頭金は必ずしも用意しなければいけないものではありませんが、用意できない場合カーローンの借入額が増える上に審査も厳しくなります

KINTOであれば、上記のような頭金は一切不要。
つまり初期費用なしでトヨタの新車に乗ることが可能です。

車は欲しいけど頭金や車検などのまとまったお金の負担が難しい…」という方には、ピッタリのサービスと言えます。

「なぜ頭金なしでいいの?」など支払いに関する疑問はこちらをご覧ください。
>>カーリースで頭金は必要?頭金あり・頭金なしの疑問をカーローンやボーナス払い含め解消!

KINTOのメリット3:申し込みから契約までWebで完結、店舗に行く必要ナシ

前提として、車を購入するには様々な手配・手続きが必要になります。
KINTOなら審査申し込みから契約までWeb上で一括契約が可能です。

KINTO利用時と、車を購入する際に必要な手配・手続きの比較は以下。

KINTO利用時車購入時
検討期
  • 乗りたい車と予算を決める
【複数の販売店を訪問】

  • 乗りたい車と予算を決める
  • 相談・交渉・オプション選択、オプションごとに説明・見積り
契約Webで完結

  • Webで商品内容を確認・審査申し込み
    カラー・オプションはワンクリックで選択可能
【販売店で申し込み】

  • 支払い方法検討
納車までの期間【納車に向けた手配・手続き】

  • 駐車場契約
  • 必要書類を郵送
【納車に向けた手配・手続き】

  • 駐車場契約
  • 任意保険の契約・検討
  • 必要書類を販売店へ提出
  • 頭金・登録諸費用の支払い
納車 選択した販売店で車を受け取りようやく販売店で車を受け取れる

販売店に何度も赴く時間が取れない方、交渉・商談が面倒な方にもKINTOはオススメです。

KINTOのメリット4:ライフステージの変化に合わせて車を乗り換えられる

車の乗り換えが柔軟に可能

KINTOならカーライフや気分に合わせてフレキシブルにプラン選択が可能です。

就職・結婚・転勤・お子さんの誕生など、ライフステージは常に変化していくもの
その度に車を乗り換えるにはお金も手続きも大変です。

KINTOを利用すれば、ライフスタイル・ライフステージの変化や気持ちの変化に合わせて柔軟な車の乗り換えができます。

「のりかえGO」でさらに乗り換えやすく?

KINTOは、一定期間後は途中で別プランに乗り換えることができる「のりかえGO」を発表しました。(2020年5月)

「のりかえGO」は3年プランの場合は1年半経過後以降、5年/7年プランの場合は3年経過後以降はいつでもリーズナブルな手数料を支払うことで新しいクルマへ乗換えられる仕組みです。

ユーザーのライフスタイル変化に対応したカーライフを提供するというKINTOの決意を感じます。

「のりかえGO」は契約満了の2カ月前までに申し出が必要なのでお気を付けください。

KINTOのメリット5:新車なので安全面もバッチリ

KINTOではトヨタの新車に乗ることができるため、乗り換え時にも安全装備は常に最新です。

実は車の買取価格・下取り額が下落する大きな原因は、安全装備にあります。
車の安全装備は進化し続けており、乗り換えを検討する頃には愛車の安全性は古いものになっているのです。

そのためせっかく高額で新車を購入しても、手放したいときには買取価格・下取り額も下落します。

KINTOを利用すれば、購入時に考えるリセールバリューを気にする必要もナシ

また昨今では燃費性能よりも安全性重視で車は選ばれるため、常に最新の安全装備を搭載したトヨタの新車に乗れるという点は利点のひとつでしょう。

KINTOのメリット6:メンテナンスは正規店で行ってくれる

月額制に含まれている車のメンテナンスは、トヨタの正規店で行ってくれます

メンテナンスの内容は以下の通り。

  • 法定点検
  • 定期点検
  • 車検※3年プランを除く
  • ロードサービス
  • 故障修理
  • 代車
  • 油脂類の交換及び補充
  • 所定の消耗品の交換
    【消耗品一例】
    エンジンオイル/エンジンオイルフィルター/エアクリーナーエレメント/タイヤ/バッテリー/ワイパーゴム/ウィンド・ウォッシャー液/エアコンフィルター/ブレーキパッド/ブレーキシュー/ブレーキライニング/ブレーキフィールド/各種電球/各種電池(電子キー・カードキー)など

最新の安全装備とトヨタ正規店でのメンテナンスで、安心して新車に乗り続けることができます。

KINTOのメリット7:クレジットの利用でポイントが貯まる

クレジットの利用がお得

KINTOの月額利用料をクレジットカード支払いに設定すれば、カードの規定に応じてポイントが貯まっていきます

購入では、基本的にクレジットカードのポイントはたまりませんのでさらにお得に利用できるサービス。

月額4万円の車を3年契約したとして、総支払額は1,440,000円。
その分のポイントを貯めればかなり大きなポイントになります。

さらに支払いを「TS CUBIC CARD(ティーエスキュービックカード)」に設定すると、利用分をポイントでキャッシュバックすることも可能です。

大きな買い物なのですから、よりお得に賢く車に乗りましょう。

\車のコトなら全てコミコミ/
KINTOで
トヨタの新車にお得に乗る
※月額は4万円~から※

KINTOを利用するデメリット4つ

KINTOを利用するにあたってのまずはデメリットを確認しておきましょう。

  • 任意保険の等級を引き継げない
  • 最低でも3年以上の契約が必要
  • 自分の所有物にはならない
  • 走行距離制限がある

KINTOのデメリット1:任意保険の等級を引き継げない

KINTOには月額に任意保険も含まれているため、以前より加入していた任意保険は中断することになります。

等級が進んでいる方はその恩恵が受けられず、保険料だけ見れば割高になる可能性も。

逆に任意保険が高額な若年層の方は、一番お得にKINTOを利用することが可能できます

KINTOのデメリット2:最低でも3年以上の契約が必要

KINTOの契約は最短で3年からとなっており、中途解約には所定の清算金(違約金)が発生 します。

他カーリースサービスと比べると清算金が解約時期によって明確に決まっているため、「いつ解約すればどのくらいの違約金になるのか」の計算はしやすいです。

ただし契約期間中の契約者の死亡・免許返納・海外転勤等で運転困難や使用困難となった場合などは、違約金不要で解約できます。
また、KINTOを利用し続ける場合は最短1年半から乗り換えることができます◎

KINTOのデメリット3:自分の所有物にはならない(買取不可)

KINTOは買取不可だけど…

KINTOを検討するにあたって多くの方が迷われるのは、ズバリ「最終的に車が自分のものになるわけではない」という部分です。

ここは好みや車への考え方によって価値観が変わってきますよね。

しかし長く1台の車に乗るのもアリですが、その間に機能や安全性でどんどん進化していく最新の車に乗り続けるという選択肢を与えてくれているのがKINTOです。

車を買ったとしても、いつかは下取りに出したり売却したりします。
前述もしましたがその頃には愛車の資産価値は購入時より大幅に下がっているのです。

そう考えると、KINTOは売却等の手間を省き新しい車に乗り換えられる仕組みとも言い換えることができます。

KINTOのデメリット4:走行距離制限がある

KINTOの走行距離制限は以下の通り。
※月間走行距離1,500キロ×利用月数計算

3年プラン54,000キロ
5年プラン90,000キロ
7年プラン126,000キロ

契約満了までに超過していた場合、トヨタ車で1キロあたり11円・レクサス車で1キロあたり22円の追加料金がかかってきます。

毎日50キロ以上車に乗る方には、向かないサービス。

ただしあくまで走行距離の累計から計算されるため、ある月で1,500キロ以上乗ってしまったとしても他の月で使用を控えれば問題ありません。

【他社比較】KINTO(キント)だけの強み

他社のカーリースサービスと比較したKINTO独自の強みは以下に挙げる3点です。

  • 任意保険料込みの料金表示である
  • 世界のトヨタに月額3万円~乗ることができる
  • 短期リースであるほどトヨタの新車をお得に乗ることができる
他社カーリースサービスは、任意保険料が別途かかることが多く思った以上に月々の料金がかかることも。
その点、KINTOであれば任意保険料も込みの料金表示なので安心です。

トヨタという世界的ブランドの新車に月々3万円~乗れるのは大きな強み。
特に安全性能は日々進化しているので、最新の安全性を担保した車に乗り続けられるところは魅力的です。

人気車のトヨタルーミーの月々の支払を比較しました。(2021年7月中旬時点)

3年リース5年リース7年リース
KINTO37,180円34,540円33,000円
コスモMyカーリース57,530円43,890円38,720円
定額カルモくん44,259円39,293円34,898円

短期のリースになるほど、KINTOがお得になっているのです。
※オプション等により金額が変動する可能性があります

KINTOを「おすすめ」できない人・できる人

KINTO利用に関するメリット・デメリットや独自の強さをを見ていく中で、KINTOの利用が向いていない人・向いている人が浮き彫りになってきました。

以下ではKINTOをおすすめしない人とおすすめする人の特徴をお伝えします。

KINTO(キント)をおすすめしない人

利用をオススメできないのはトヨタ新車を購入できる資金があり、これからのライフプランの変化があっても車を乗り換えない人です。

特に一括で車を現金購入できるほどの貯蓄がある人は購入して長く乗り続けたほうがトータルの支払を安く済ませられます。

KINTOでは最短一年半で次の車に乗り換えることができるので、子どもの成長や転勤などライフプランに合わせたい人に向けたサービスです。

10年、20年と同じ車に乗り続けたい人には向かないサービスといえるでしょう。

KINTO(キント)をおすすめする人

KINTOの利用が向いている人

KINTOの利用は、以下に当てはまる人にはオススメです。

  • 月々の支払いを明確に、トヨタの新車に安く乗りたい人
  • 車の乗り換えを検討している、初めてマイカーを検討中の若い世代
  • 初めての車でまずは3年どこよりもお得にカーリースを利用したい
  • 生活・ライフステージの変化に合わせてたトヨタの新車に乗り続けたい人
  • 高齢で運転が不安な方やいつまで使うかわからない方

車を購入する場合、車検やメンテナンスなど月によって予想よりも車にかかる費用がかさむことも。
KINTOであれば、月々定額でしかも頭金もなしでトヨタの新車に乗り続けたることができます。

保険料が高くなる若い世代にとっても、任意保険も込みで料金が設定されているKINTOはおすすめ。
初めての車の方もKINTOであれば任意保険まで込みでどこよりもお得に短期でリースできます◎

3年プランを選択して6ヶ月以上利用すれば免許返納による中途解約は違約金不要なので、いつまで車が必要かわからない高齢の方にもKINTOが最適です。

「車に乗る期間が限定的かも知れない」「乗りたい車が生活によって定期的に変わっていく」という方は、車を購入するよりもKINTOを利用したほうがかなりお得

審査に通ってから契約するか決められるので、審査に通るか不安な方もまずは無料審査でチェックしてみるのもアリです◎

\若い世代はさらにお得に/
KINTOで
車のサブスクを利用する
※ネット完結で契約できるから忙しくても大丈夫※

▼KINTOは学生さんにもおすすめ!学生さんはこちらも合わせてチェックしてください。
カーリースって学生でも利用できる?審査に通過するためのポイント3つとおすすめカーリース4選!

KINTOの審査申し込み手順

KINTOは利用したい車を選択し、そのままWeb上で利用審査に申し込むことができます

納車時以外で店頭に行く必要もないので「交渉のために何度もお店に行く時間がない」という方にもオススメです。

ここからはKINTOの審査申し込み手順をお伝えします。

①スクロールして「車種ラインナップを見る」をクリック

トップページにいくと、KINTOで今推している車が月額例として出てきます。

アクアを利用したい方は「まずは見積もりをチェック」という黄色のボタンを押して次に進みます。
※時期によって掲載されている車種が異なる場合もあります。

アクア以外の車種が希望の方はスクロールして進んでください。

KINTO公式サイト

スクロールをすると以下のページが出てくるので、「車種ラインナップを見る」をクリックすることでお好きな車の申し込みを進めることができます。

KINTO申し込みトップ

②申込みしたい車を選択

車種ラインナップのページから条件を絞り、利用したい車を選択します。

KINTO利用手順①

見積もりをする」ボタンを押し、そのまま次画面に進みましょう。

③グレード・カラー・オプション・名義など希望項目を入力

進んだ先で画面サジェストに沿って、車両の希望概要を入力していきます。

KINTO利用手順②

項目ごとに入力が完了したら「次へ」ボタンをクリックし、ページを進んでいきます。

④入力内容を確認する

内容に不備がなければ「次へ(販売店選択へ)」をクリックします。

KINTO利用手順③

⑤車の受け取りやメンテナンスを担当する店舗を選択

自宅・勤務先から近いなど、車を受け取るのに都合の良い店舗を地図上から選択します。
このとき選択する店舗は今後メンテナンスなどを引き受けてくれる店舗なので、ご自身の行きやすい店舗を選択しましょう。

店舗を探すには左上の検索窓が便利です。

KINTO利用手順④

選択したら「お申込み手続きへ」のボタンをクリック。

⑥利用規約等を確認、チェックを入れて審査申し込みフォームへ

「条項とご利用規約のご確認」の欄を確認し、チェックを入れて申し込みフォームへ進みましょう。

KINTO利用手順⑤

初めて利用する場合は「初めての方はこちら」のボタンをクリックします。

⑦お客様情報・勤め先情報等を入力して申し込み

画面サジェストに沿ってお客様情報・勤め先などを入力していきます。

利用審査申し込みのため入力の途中で免許証の画像も必要になりますので、事前に準備しておきましょう。

KINTO利用手順⑥

最後に入力内容を確認し、不備がなければ正式に審査申し込みをしましょう。

ここまでネット環境さえあれば手軽に申し込みが可能です。

審査に通ってから契約するかどうか決められるのでまずは無料審査で利用できるか確かめてみましょう◎

\審査申し込みはWebで一括/
KINTOの
利用審査に申し込む
※店舗に行く必要がないから手間いらず!※

KINTO(きんと)に関するその他のQ&A

Q1.KINTOならレクサスにも乗れる?

結論から言うと、KINTOで月額制でレクサスに乗ることは可能。

レクサスだけでなくヤリスクロスやハリアーなど、トヨタの人気車種も選べます。

もちろんヴォクシーやアルファードなどの車も選べるので、ファミリー層にもオススメの充実のラインナップです。

Q2.KINTOの審査って厳しい?甘い?

通常のローン審査のような基準ですので、普通の会社員ならまず問題なく通るでしょう。

ただし以下の内容に当てはまってしまった場合は審査に通りにくいです。

【KINTO審査に通りにくい例】

  • 年収よりも100万円以上高い車種を希望した場合
  • 金融のブラックリストになってしまっている場合
  • アルバイトやパートタイマー、自営業・専業主婦など固定収入が安定していない場合

上記に当てはまることがなければ、大体の場合は審査に通ります。

カーリースの審査は以下記事でも詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。
>>カーリースの審査が甘い会社はある?審査に落ちてしまう人の特徴5つと審査通過のポイント3つ

Q3.KINTO契約者本人以外が運転することはできる?

KINTO契約者に使用を許諾されている方が運転する分には、万が一の事故があっても補償されます。

つまり契約者の方のご家族やご友人でも運転は可能です。

旦那様がKINTOと契約し、奥様が日常的な買い物などで車を使う分には問題ありません。

ご友人とドライブに出かけたときも、運転を代わることもできます。

KINTOの利用でライフステージの変化も楽しもう

生活していく上で、ライフステージは常に変化していくものです。

より充実したライフスタイルのためにも、ご自身に合わせた車のステータス・性能・安全性は必要不可欠。

KINTOを利用してお得に車に乗りながら、ライフステージの向上を楽しみましょう

\カーライフを低予算で楽しむなら/
KINTOでライフステージに
合った車を検討する
※月額は3万円~!※

▼その他おすすめの車のサブスクリプション・カーリースサービスは、以下記事にてご紹介しています。
>>【安い?高い?】車のサブスクのメリット・デメリットを購入と比較!厳選したおすすめのサブスクサービスも紹介
>>カーリースはおすすめしない?サービスの実態や人気カーリースランキングをご紹介!

▼以下記事ではカーリースの失敗や後悔の原因を解説しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。
>>【やめとけ?】カーリースでよくある失敗・後悔とは?失敗しないための方法も徹底解説!