車の税金はいつまでに払う?支払い期限・納付書が届く時期を解説

車の税金はいつまでに払う?支払い期限・納付書が届く時期を解説

自動車税は《4月1日の段階で車を所有している》と課税対象になります。

今回は自動車税を払う期限はいつまでか・いつ納付書が届くのかを解説。
くわえて次のような車の購入や売却時の税金の対応も解説します。

  • 1年の途中で車を購入したときの納付
  • 自動車税の納付後の売却

購入や売却のタイミングは税金にも影響してきます。

はじめて自動車税を納める方は、当記事を参考に自動車税の支払いタイミングや支払い方法を確認しておきましょう。

自動車税の納付書はいつ来る?支払期限についても解説

自動車税の能書が届くタイミングと、納付期限がこちら。

  • 【納付書が届くタイミング】4月下旬〜5月上旬
  • 【支払い期限】5月31日

4/1の時点の自動車所有者が課税対象となり、4月下旬から5月上旬にかけて納付書が届きます。

税金の支払い期限は5/31ですが、5/31が日曜だと6/1月曜が期限に
支払い期日が短いので、支払い忘れに気をつけてください。

青森と秋田は支払い期限が遅い

青森県と秋田県に関しては、自動車税の納付期限が6月末となっています。

青森と秋田は条例改正で、自動車税の納付期限が遅く設定されているんですね。
他の都道府県にくらべ余裕がありますが、忘れず支払ってください。

4/1以降に自動車購入した場合の自動車税はどうなる?

前述のとおり、自動車税は「4/1の時点での車の所有」が課税対象。
4/2以降に車を購入した場合、普通車か軽自動車かで納税システムが異なります

  • 軽自動車:購入した年の納税は不要
  • 普通自動車:購入の翌月から翌年3月までの税金を支払う

軽自動車の4/2以降の購入に関しては、その年に車の税金を納付する必要はありません

車両を4月2日以降に取得された方は、次の年まで軽自動車税が課税されません。

(出典:郡山市ホームページ)

一方で普通自動車は、購入の翌月から翌年3月までの税金を月割計算で支払うので覚えておきましょう。

月初の車購入は税金が浮くけど…

普通自動車の場合、月初に購入すると1ヶ月分の税金が浮きます

しかし中古車だと月末の方が値引きに応じてくれやすいので、お得さでいくと月末の購入がおすすめ
1ヶ月分の税金は数千円ですが、購入時の交渉次第では数万円も値引きしてくれる可能性があるからです。

少しでも中古車購入のコストを抑えるなら、月末の購入を検討してみてください。

自動車税の支払い方法はいろいろ!ネットからの支払いにも対応

市区町村によって異なりますが、自動車税のおもな支払い方法は次のとおり。

  • コンビニ
  • 銀行振り込み
  • ネットバンキング
  • クレジットカード決済
  • 自動車税事務所
  • 各県税事務所

最近ではコンビニや金融機関での支払いだけでなく、クレジットカード決済やネットバンキングにも対応してきています。

平成27年より車検時の納税証明書の提示がなくなったので、証明書の発行を気にすることなく手軽に支払えるので便利ですね。
※参考:Pay-easy

ただしネットバンキング・クレジットカード決済だと、納付証明書の発行に2週間ほどかかるので注意。
車の売却には納付証明書が必要なので、コンビニ支払いなどがおすすめです。

支払い期限を過ぎてしまった場合の支払い方法

自動車税の支払い期限がすぎると、支払い方法が制限されることもあります。

  • 銀行振り込み
  • 自動車税事務所
  • 各県税事務所

都道府県によっては、期限切れの納付書でも支払いOK
期限切れの納付書が使える地域ならコンビニ支払いもできるので、お住まいの地域ごとで確認してください。

期限切れの納付書が使えない場合は、督促状に記載の金融機関などで支払いましょう。

ずっと自動車税が未払いだと“差し押さえ”の可能性も…

自動車税を延滞し続けると、どんどん延滞料が高くなります。

納期限の翌日から1ヵ月を経過する日まで 利率2.6%
納期限の翌日から1ヵ月を経過した日以降 利率8.9%

延滞金は上記利率での計算で1,000円以下なら加算されません
早く払えば期限切れでも延滞料の支払いを免れられるので、利率を計算して延滞金が発生する前に支払いましょう。

ただし未払いの状態が続くと、最悪の場合、貯金や車をはじめとする資産が差し押さえられる可能性があります!

通知書を紛失した場合でも再発行してもらい、きちんと支払ってください。

車の売却時には還付金が受け取れるケースも

普通自動車だと、売却することで還付金を受け取れます。

還付金を受け取るには一時抹消登録か永久抹消登録が必要。
一般的には買取店が手続きを行ってくれるので、みなさんは特にやることはありません。

そして還付金は、査定額に上乗せされることが多いです。

ただし軽自動車は還付金制度がないので気をつけてください。
自動車税をムダにしたくないなら、1〜3月の売却がおすすめです。

車は売る時期で《数十万円》も違う!損しない売却タイミング、教えます。

車は売る時期で《数十万円》も違う!損しない売却タイミング、教えます。

2020年6月19日

「自動車税還付委任状」という書類にはサインしないこと!

車を買い取ってもらう際は、「自動車税還付委任状」という書類へのサインはNG!

これは還付金の受け取りを放棄する書類です。
ディーラーや買取店といった第三者が還付金を受け取れるようになってしまいます。

 

ただし“正しい金額の還付金”を受け取るために、あえて委任状を書くケースもあります。

たとえば買取業車での抹消登録の手続きが遅れることがあり、遅れると還付金が減額。
そのため一旦買取業者が還付金を預かり、不足分を足して店舗がみなさんに返納するというケースです。

契約書をよく確認し、委任状があればなぜ委任状にサインするのかスタッフに相談してみてください。

自動車税の支払い期限は短い!早めに納付しましょう

今回お伝えしたように、自動車税の納付までの期限は1ヶ月あるかないかと短いです。
納付書が届いたら、はやめに支払うように心がけましょう。

  • 【納付書が届くタイミング】4月下旬〜5月上旬
  • 【支払い期限】5月31日

また1年の途中で車を購入する場合は、普通車・軽自動車で税金の有無が違ってきます。
売却でも、軽自動車は還付金がありません。

もし近々車の売買を考えているなら、税金のタイミングも踏まえて購入・売却を検討してみてください。