【安い?高い?】車のサブスクのメリット・デメリットを購入と比較!厳選したおすすめのサブスクサービスも紹介

車のサブスクは高い?安い?

車を持つ上でひとつの選択肢として広まりつつある「車のサブスクリプションサービス」。
車は購入するものという概念を覆し、新たなライフスタイルの構築を提唱しているサービスです。

結論、「費用を抑えて車に乗りたい!」という方には車のサブスクはおすすめ
なぜなら頭金がなく、月々の支払いも3万円以上も安くなったという声もあるからです!

とはいえ実際にメリット・デメリットなどがよくわからず、使用を迷われている方も多いのではないでしょうか。

本記事では、そもそも「車のサブスクリプションサービス」とは?というところからメリット・デメリットまで迫ります!

大手サービスの内容を徹底比較しながら解説しているので、「車をお得に利用したい!」という方はぜひ参考にしてみて下さいね!

車のサブスクなら当サイト一押し「KINTO」!

KINTO

画像引用元:KINTO公式サイト

車のサブスクサービスの中でも最大手である「KINTO」なら、トヨタの新車に乗ることができます。

KINTOのメリットはパッと思いつくだけでもたくさんあるんです!

  • 月額制(月々4万円~)でトヨタの新車に乗れる
  • 車検・保険料・メンテナンス込みでずっと定額
  • 審査~契約までWeb上で一括完結でラクラク
  • 初期費用ゼロ(頭金不要)で車が手元に来る
  • 指定のクレジットカードで払うとさらにお得に

KINTOならトヨタの新車に乗れる上に、車の点検・整備・メンテナンスは全てトヨタ正規店におまかせできます。

もちろんメンテナンス費用は月額の中に含まれているので、「車のことで急な出費がかさんでしまう」なんて心配も不要です。

初期費用はもちろん0円!
オプションや年齢・契約年数などで月額は変わってきますので、まずは一度KINTO公式サイトの支払いシュミレーションから確認してみましょう。

\頭金などまとまったお金は必要なし/
KINTOで月々4万円~
トヨタの新車に乗る
審査申し込みまでWeb完結で楽ちん♪

▼KINTOの評判・口コミは、以下記事で詳しくまとめてます。
>>【口コミあり】KINTOの実際の評価・評判を詳しくチェックする

Contents

増え続けている「車のサブスク」とは?

「車のサブスク」の仕組み

「車のサブスク(サブスクリプション)」とは、月額制で車を持つことができる新しい車の乗り方。

購入とはちがい初期費用と月々の支払いを抑えることができ、お得に車を利用できるという理由からユーザー層が拡大しているのです。

お金の使い方や働き方、生活の仕方などが多様化している昨今。
ライフステージに合わせて乗り換えられる車のサブスクサービスはさらに広がっていくでしょう。

車のサブスクは基本的に、「残価」を差し引いた車両価格やその他費用を月数で割って支払う仕組みです。
※残価:「購入した車を数年後に下取りに出した場合の価値」=下取り価格のこと。

つまり購入するよりも総支払額は割安な場合が多く、車の費用を抑えたい方にはピッタリのサービスと言えます。

車の「サブスク」「リース」「カーシェア」の違いは?

車を購入せずに乗ることができるサービスは主に「サブスク」・「リース」・「カーシェア」の3つです。

3つのサービスの違いは以下にまとめています。

  • サブスク
    定額料金を支払って一定期間サービスを利用できる仕組み
  • リース
    お金を出して長期間物を借りる取引のこと
  • カーシェア
    車を共有(シェア)して利用するサービスで、30分程度の単位から一時的に借りることができる

カーシェアは複数の契約者と車を共有することになり、予約を入れた日時のみに利用可能です。
サブスク・カーリースなら一度契約すれば手元に納車されるため、車を日常的に乗る方は「サブスク」「カーリース」を選択するべきでしょう。

サブスクとカーリースのサービス内容にほぼ違いはありませんが、利用するサービスによって契約期間や選べる車種などは様々です。

車のサブスクを利用するメリット5つ

ここからは車のサブスクを利用する上で得られるメリットを5つご紹介していきます。

主なメリットは以下にまとめました!

  • 常に新車に乗り続けられる
  • 選べる車種が豊富で乗り換えがスムーズ
  • 初期費用を抑えられる
  • 税金・保険料も月額の中に含まれている
  • 法人での利用なら経費処理が可能

車のサブスクでお得に車を持つことができる理由などを説明していきますので、利用するか迷っている方はぜひ参考にしてみて下さいね。

メリット1:常に新車に乗り続けられる

車のサブスクなら新車の借用契約になりますし、契約満了後も新車に乗り換えることが可能です。

現代の車の安全装備やデザインは常に進化し続けており、たったの1年でも性能が違えば安全性は桁違いに向上しています。

車を購入すれば、いつか下取りや買取に出したりしなければなりません。

反面、車のサブスクは売却の手間を省きつつ常に最も安全な車に乗り続けることができる方法とも言えるのです。

メリット2:選べる車種が豊富で乗り換えがスムーズ

車のサブスクなら車種が豊富

サービスによって異なりますが、選べる車種が豊富な点も車のサブスクのメリット。

サブスクサービスを利用すれば気分やライフスタイルに合わせて様々な車種を選択でき、車の乗り換えがスムーズです。

生きていく上でライフステージの変化は常に起こりうるもの

例えば就職・結婚・子育て・転勤など変化は人によって様々ですが、その度に車を乗り換えていたらお金も手間もかかります。

どんなきっかけで車を乗り換えることになるか、将来的なことは誰にも分かりません。
車をサブスクで利用していれば、ライフステージの向上をより前向きに楽しめるでしょう。

メリット3:初期費用を抑えられる

車のサブスクは頭金不要のサービスが多いため、まとまったお金の用意はしなくてOKです。

車を購入するには購入価格の2割~3割程度の頭金が必要になります。
200万円の車を購入したい場合、40万~60万のまとまった金額を用意しなければなりません。

車のサブスクなら申し込み後、審査に通れば納車され車の利用を開始できます。

必要な金額は月額のみですので、初期費用なしで車に乗ることが可能なのです。

メリット4:税金・保険料も月額の中に含まれている

車にまつわる費用を平準化できる

車のサブスクは車に関する諸費用は全て月額の中に含まれる場合が圧倒的に多いため、車に関する出費を平準化できます。

例えば「急に車の調子が悪くなってメンテナンスが必要」「今月は車検だからお金を用意しとかなきゃ」という場面は、車をお持ちの方なら誰でも経験しているはず。

サブスクを利用すればメンテナンスや車検・税金諸費用も全て月額に含まれるため、急な出費の心配は不要です。

車にまつわる費用を一本化できるため家計のやりくりもしやすくなります。

メリット5:法人での利用なら経費処理が可能

前提として、車のサブスクは法人利用も可能です。

車のサブスクやカーリースで法人車を用意する場合、購入と違って経費処理を行うことができます
購入した際は資産計上の処理となりますが、使った分だけ損金として計上していく方法も経理処理上も明瞭でコスパも良いです。

任意保険がリース契約に含まれているKINTOなどのサービスを利用すれば、さらにお得に利用することもできます。

車のサブスクを利用するデメリット2つ

「車のサブスク」デメリット

メリットだけでなく、車のサブスクを利用する上で押さえておきたいデメリットも2つ お伝えしていきます。

  • 走行距離制限がある
  • 中途解約はできない

車を購入するかサブスクで手軽に活用するか、メリット・デメリットをしっかり把握して選択しましょう。

デメリット1:走行距離制限がある

サービスの内容にもよりますが、車のサブスクは1ヶ月あたり1000㎞~2000㎞程度の走行距離制限があります。

超過してしまった場合は追加料金を支払う必要があり、支払うタイミングは利用するサービスによってまちまちです。

月ごとに支払わなければならない場合もあれば、一年間もしくは契約年数の累計で支払う場合も。

累計で計算するサービスであれば、例えば1500㎞以上走ってしまった月があったとしても他の月で利用を控えれば問題ありません。

デメリット2:中途解約はできない

どの車のサブスクリプションサービスにも言えることですが、契約年数に満たない段階での中途解約には所定の清算金(違約金)が発生してしまいます。

ただし同じサービス内で契約満了前に車種を変えることはできる場合も。

車種を全く変えられないわけではありませんが、一度契約すると簡単には解約できないため留意しましょう。

車のサブスクは安い?高い?購入と比較するとどうなの?

購入と比較してサブスクのほうが安い

車のサブスクサービス利用期間を購入してから乗り換えるまでの期間として換算すると、圧倒的にサブスクのほうが安いです。

先述もしましたが車のサブスク料金は、「残価」を差し引いた車両価格やその他費用を月数で割って支払う仕組み。
残価とは「購入した車を数年後に下取りとして出した場合の価値」=「下取り価格」のことです。

残価設定ローンではこの差し引かれた残価を最終回の返済時に精算することになりますが、車のサブスクなら残価の精算は必要ありません

また頭金も不要のため初期費用も0、車に関する出費は月額の中に含まれているのが基本です。

車は長く乗れば乗るほど資産価値がなくなっていくのが実情。
残価設定をしなくともローンを払い終わる頃には、資産価値は購入時の半分~10分の1以下になっています。

購入しても結局資産として手元に残りにくいのなら、月額制で常に新車に乗り続けるという選択肢はあって損はありません。

【徹底比較】「車のサブスク」サービス7社をご紹介

ここからは大手の車のサブスクリプションサービスを7社ご紹介していきます。

それぞれの特徴・条件面等は以下表の通りです。

KINTOニッサン・クリックモビホンダマンスリーオーナ三菱ウルトラマイカープランカルモくんNORELSOMPOで乗ーる
1ヶ月の走行距離制限1500㎞1000㎞・1500㎞から選択1000㎞1000㎞・1500㎞から選択1500㎞中古車:2000㎞
新車:(最大10ヶ月)5000㎞
1000㎞~3000㎞
正規ディーラー無料点検ありありありありあり
※追加プラン加入必須
なしなし
重量税込み込み込み込み込み込み込み
自動車税込み込み込み込み込み込み込み
登録諸税込み込み込み込み込み込み込み
車検費用込み込み込み込み込みなし込み
自賠責保険込み込み込み込み込み込み込み
任意保険込みなし込み込みなしなし
必要な場合は別途月額16,500~のプラン加入必須
込み
最短契約期間3年3年1ヶ月3年1年1ヶ月3年
最長契約期間7年7年11ヶ月4年11年10ヶ月7年

プランの内容は各サービスによって少しずつ差があるため、ご自身のライフスタイルに合ったサービスを見つけてみて下さいね。

1社目:トヨタKINTO

KINTO

画像引用元:KINTO公式サイト

KINTO」はトヨタの新車に乗ることができる車のサブスクリプションサービス。

車のサブスクをいち早く始めた先駆け的サービスで、他のサービスはKINTOを模範として展開していると言っても過言ではありません。

何より「トヨタの新車に乗り続けることができる」とあって、車のサブスク業界の中でも人気・信頼ともにトップクラス

トヨタ(レクサス含む)の人気車種が30種類以上ラインナップされており、車種に困ることはないでしょう。

車種によりますが月額は4万円~、メンテナンス・保険・税金諸費用も全て込みの金額です。

\トヨタの新車に乗れる/
KINTOで安心・安全な
カーライフを楽しむ
※審査申し込みまでWebで完結でラクラク※

▼KINTOの実際の評判に関しては、以下記事にて詳しくまとめています。
>>KINTO(キント)の評判・評価は?車の利用料って高い?実際の口コミ・レビューからぶった斬り!

2社目:ニッサン・クリックモビ

クリックモビ

画像引用元:クリックモビ公式サイト

クリックモビ」は日産が始めた車のサブスクリプションサービス。
日産の人気車種に月額制で乗ることが可能です。

任意保険は含まれていないためご自身で加入する必要がありますが、その他の諸費用は全て込みの月額制となります。

月額の最安は「デイズ」の37,070円~。
セレナやノート、エクストレイルなども選択できますが、選べる車種は少な目で6車種のみです。

とは言えデイズ・ルークス・ノート・エクストレイル・キックス・セレナのラインナップなので、日産の人気車種は網羅しています。

3社目:ホンダマンスリーオーナー

マンスリーオーナー

画像引用元:ホンダマンスリーオーナー公式サイト

ホンダが展開する車のサブスクリプションサービス「マンスリーオーナー」。

その名の通り最短1ヶ月間からホンダ車に乗れるサービスです。

例えばお仕事などで数カ月間だけ車が必要になったときなどにはとても便利なサービスと言えるでしょう。

月額最安値は29,800円~、6車種の中から選べます。
ただしサービスの取り扱い店舗と利用できる車両は限られているため、申し込んでも車両に空きがなければ利用できません

最長使用期間も11ヶ月と短期的なため、「まずは車のある生活を試してみたい」というニーズにも最適かもしれませんね。

4社目:三菱ウルトラマイカープラン

ウルトラマイカープラン

画像引用元:ウルトラマイカープラン公式サイト

三菱自動車が展開する「ウルトラマイカープラン」は、「車の面倒くさいを一気に解消!」のキャッチコピーのもと発足しました。

サブスクやカーリースには珍しく頭金を払うことも可能なため、もしまとまった金額の用意ができるなら月々の支払額はグッと割安に。
もちろん頭金はなしでも問題ありません。

選べる車種は三菱の人気車種10種類ほどですが、バリエーションに富んでいるので使用用途に合った車は見つけやすいでしょう。

5社目:カルモくん

カルモくん

画像引用元:カルモくん公式サイト

自動車メーカー直営の車のサブスクサービスがメインの中、マーケティング事業を主に展開しているナイル株式会社が運営する「カルモくん」。

オリックス自動車株式会社と提携サービスを結ぶことで、トヨタ・日産・ホンダ・マツダなど複数の正規ディーラー車を取り扱うことを可能としています。

その分選べる車種もダントツで多いのが一番の特徴です。

カルモくんで選択可能な車種
メーカー車種
トヨタピクシスメガ/パッソ/ヤリス/ライズ/ルーミー/カローラアクシオ/カローラフィールダー/ヤリスクロス/アクア/シエンタ/ポルテ/スペイド/カローラ/カローラツーリング/カローラスポーツ/C-HR/プリウス/ノア/RAV4/86/ヴォクシー/ハリアー/アイエースワゴン/エスクァイア/アルファード/ヴェルファイア/ランドクルーザープラド/クラウン/スープラ/ランドクルーザー
日産ルークス/デイズ/マーチ/NV100クリッパーリオ/ノート/シルフィ/NV200バネットワゴン/エクストレイル/キックス/セレナ/エルグランド/フェアレディZ/スカイラインセダン/フーガ/シーマ
ホンダN-WGN/N-BOX/N-ONE/フィット/シャトル/フリード/ヴェゼル/ステップワゴン/ステップワゴンスパーダ/シビックハッチバック/インサイト/CR-V/オデッセイ/アコード/シビックタイプR
マツダキャロル/フレア/フレアクロスオーバー/フレアワゴン/フレアワゴンカスタムスタイル/フレアワゴンタフスタイル/マツダ2/CX-3/マツダ3ファストバック/マツダ3セダン/CX-30/ロードスター/CX-5/マツダ6ワゴン/マツダ6セダン/CX-8/ロードスターRF
スバルプレオプラス/シフォン/インプレッサG4/インプレッサスポーツ/スバルXV/フォレスター/レヴォーグ/WRX STI
スズキアルト/ワゴンR/ハスラー/スペーシア/アルトラパン/エブリィワゴン/ワゴンRスティングレー/ジムニー/スペーシアカスタム/アルトワークス/スイフト/スペーシアギア/イグニス/ソリオ/クロスビー/ジムニーシエラ/スイフトスポーツ/ソリオバンディット/エスクード
ダイハツミライース/ミラトコット/ムーヴ/タント/キャスト/タフト/ウェイク/ムーブキャンパス/ブーン/アトレーワゴン/トール/コペン/ロッキー/アルティス
三菱ekスペース/ekワゴン/ekクロススペース/タウンボックス/ミラージュ/デリカD:2/RVR/エクリプスクロス/アウトランダー

メンテナンスに関しては追加プランに加入することで正規ディーラーで受けられます。
もし不要な場合はプランなしも選択できるため、利用料をさらに安くすることも可能です。

ディーラーから契約者の自宅まで直接納車してくれるため、店舗に出向く必要は一切ナシな点も手軽で良いですね。

\選べる車種は100以上/
カルモくんで
お得に新車に乗る
※納車まで全てWeb完結※

6社目:NOREL

NOREL

画像引用元:NOREL公式サイト

車のサブスクサービス提供実績台数5千車以上を誇る「NOREL」は、国産車のみならず外車もラインナップされている点が魅力的。

車種数は決して多くはありませんが、憧れだった一台もきっと見つかるはずです。

コンシェルジュ」と呼ばれる専門スタッフも在籍しているため、車を選ぶ上での相談にも気軽に乗ってくれます。

最短1ヶ月から乗ることができるため、「憧れの車を買う前に一度日常生活で使ってみたい」という方にもピッタリです。

7社目:SOMPOで乗ーる

SOMPOで乗ーる

画像引用元:SOMPOで乗ーる

株式会社DeNA SOMPO Carlifeが運営する車のサブスク「SOMPOで乗ーる」は、SOMPOホールディングスとDeNAの強みを生かした車の運用サービスが魅力的。

SOMPOで乗ーるで月額利用している車を、使わないときにはオーナーとしてカーシェアリングに回すことが可能です。

日々かかってくる車の維持費を軽減できるサービスのため、もし車に乗らない期間が発生するのであれば利用も検討しましょう。

外車の取り扱いもあり、選べる車種が豊富な点も強みと言えます。

【厳選】車のサブスク・カーリース、当サイトのおすすめ2社をご紹介!

全車種メンテナンス込み!トヨタの新車に乗れる「KINTO」

KINTO

画像引用元:KINTO公式サイト

KINTO」の強みはなんと言ってもトヨタの新車に乗り続けることができる点

トヨタのブランド力はさることながら、安全性能も世界トップクラスの水準です。

車検・点検だけでなく、日頃のメンテナンスも全てトヨタ正規ディーラーで対応してくれます。

トヨタ正規ディーラーで可能なメンテンナンス一覧
  • 法定点検
  • 定期点検
  • 車検※3年プランを除く
  • ロードサービス
  • 故障修理
  • 代車
  • 油脂類の交換及び補充
  • 所定の消耗品の交換
    【消耗品一例】
    エンジンオイル/エンジンオイルフィルター/エアクリーナーエレメント/タイヤ/バッテリー/ワイパーゴム/ウィンド・ウォッシャー液/エアコンフィルター/ブレーキパッド/ブレーキシュー/ブレーキライニング/ブレーキフィールド/各種電球/各種電池(電子キー・カードキー)など

しかもこれらのメンテンナンスが全て月額の中にコミコミのため、別途料金が発生することはありません。

メンテンナンスプランは別途料金が必要なサブスク・カーリースサービスはよくありますが、KINTOならどのプランを選んでもメンテンナンス込みの金額です。

トヨタの新車に正規ディーラーメンテナンス込みでこんなに安く乗れるのはKINTOだけ!

KINTOの公式サイトでは購入の場合と比較できる支払いシュミレーションも用意されているので、まずは乗りたい車種の月額を調べてみましょう。

\安全性の高いトヨタの新車/
KINTOの
支払いシュミレーションする
※トヨタの新車が月額4万円~※

▼KINTOの実際の評判に関しては、以下記事にて詳しくまとめています。
>>KINTO(キント)の評判・評価は?車の利用料って高い?実際の口コミ・レビューからぶった斬り!

とにかく費用を抑えたいならここ!軽自動車も豊富な「カルモ」

カルモくん

画像引用元:カルモくん公式サイト

とにかく月額を安く済ませたいなら「カルモくん」がオススメです。

複数メーカーの車を取り扱っているため軽自動車のラインナップも多く、月額最安値はなんと1万円~

メンテナンス含む・含まない始め各種オプションの設定も豊富に選べるので、ご自身の希望・予算感にあった車が見つかりやすいです。

契約期間も最短1年~最長11年のプランから選択できるため、多様な車の乗り方を考えられます。
例えばお仕事で短期間車が必要になった方や、子育ての間だけ車がほしいという方などにも幅広く対応可能です。

車種や契約内容によっては契約満了後にそのまま車を引き取ることもできるので、「まずは気になる車種に乗ってみたい」という方にもオススメできます。

\選べる車種は100以上/
カルモくんで
お得に新車に乗る
※納車まで全てWeb完結※

車のサブスクに関するその他のQ&A

Q1.車のサブスクを利用すると、ナンバーはどうなる?

レンタカーやカーシェアでは「わ」「れ」ナンバーとなってしまいますが、車のサブスク・カーリースで契約した車のナンバーは一般車と同じナンバーが振り当てられます。

個人向けカーリースにおけるナンバーは自家用車の扱いになるため、サービスによってはプレートのデザインやナンバーを希望することも可能です。

よりマイカーとして認識しやすいのも車のサブスクサービス・カーリースサービスの利点と言えるでしょう。

Q2.車のサブスクの審査基準は?

車のサブスク・カーリースサービスの審査基準は、主に以下の項目です。

  • 年収
    年収200万円以上がひとつの基準とされている
  • 信用情報
    金融ブラックリストなどに乗ってしまっていると審査は通らない
  • 職業
    フリーターやパートタイマー、自営業者などは審査に不利になりがち
  • 勤続年数
    同一勤務先に3年以上の勤務歴があると審査で有利に働く
  • その他の要件
    自宅は持ち家か賃貸か・連帯保証人がいるか・審査報告時の虚偽申告はないか、など

基本的に車のサブスク・カーリースにおいて審査不要(なし)のサービスはありません

ただし審査の基準は会社によって異なるため、ひとつの会社で審査に通らなかったとしても別会社なら審査に通ることもあります。

車のサブスクを活用してお得に車を乗りこなそう

車のサブスクはコスパ面で見ればかなりお得なサービスです。

今はご自身のライフスタイルやライフステージ、気分に合わせて気軽に車を乗り換えられる時代

車に乗るならお得に賢く、そして何より楽しくカーライフを充実させていきましょう!

>>おすすめの車のサブスクサービスをもう一度確認する