《意外とカンタン?》車売却の流れ5ステップ!買取前に知っておきたい疑問点にも回答

《意外とカンタン?》車売却の流れ5ステップ!買取前に知っておきたい疑問点にも回答

今回は車の買取を考えている人に向けて、車を売る流れを解説
車売却は難しそうなイメージもあるでしょうが、基本は5ステップでそこまで大変な作業ではありません

また当記事では《どんな必要書類をいつ用意するのか》についても解説しています。

当記事で車買取の流れを把握しておけば、「車を売るのってこんなに簡単なんだ」と思えるはずです!

【まずは一括査定サイトで相場をチェック!】

車を売却する際に役立つのが”一括査定サイト”

一括査定サイトとは複数の買取業者へ査定依頼が一度に行えるWEBサイトのことです。
査定額の相場も一発でわかるので、売る前に一度ご自身の車をいくらで買い取ってもらえるかの目安を確認しておくといいでしょう。

カーセンサー

画像引用元:カーセンサー公式サイト

そこで当サイトがお勧めしたい査定サイトは、申し込みが最短90秒で完了する”カーセンサー”

提携業者も約1,000社以上と豊富なうえ、一度に依頼できる最大業者数がなんと30社。

買取業者側も依頼主が複数依頼している事実を把握しているので、高い金額での買取を提示してくる可能性が高いです。

メール連絡の希望も出せるため、忙しく電話対応が難しい方にももってこいと言えます。

もちろん査定したからと言ってすぐに売る必要はないので、少しでもご自身の車の価値を知りたい方は売却前に要チェックです。

カーセンサーで一括査定を
申し込む
※ボタンを押した後、最短90秒で完了できます※

▼カーセンサーについては、以下の記事でも詳しくご紹介しています。

カーセンサー(一括査定)の口コミはやらせばかり!?悪い評判を調査して実態をまとめました

【ステップ0】車を売る方法を決める

車を売ろうと思ったら、まずはどの方法で売るかを決める必要があります。

「売価」「手軽さ」「トラブル回避」を基準に、主流となっている4種類の方法を比較してみました。

売価の高さ 手軽さ トラブル回避
ディーラー下取り
中古車買取店
オークション(ネット・代行)
個人売買

手軽さに欠け、トラブルが多いオークションや個人売買はおすすめできません。

またディーラー下取りの場合、新車を購入するのが条件なので手軽とは言えないでしょう。

それぞれの売却方法の詳細は下記をご覧ださい。

ディーラー下取り

ディーラー店で新車を購入する際に、元々持っている車を引き取ってもらうサービスです。
※ディーラーとは、自動車メーカーと特約店契約をしている販売業者のこと。

旧車の下取り価格は新車の購入費用としてあてられるので、現金で持ち帰れるわけではありません。

また下取りの際の査定には手数料が発生するため注意しましょう。

中古車買取店

中古車買取店に車を持っていくか、自宅への出張サービスを利用すると無料で査定してもらえます。

他の買取店との競争で査定額が高くなる傾向がある一方で、店によって対応や査定額がまちまちなため店舗選びに注意が必要。

そこで、複数の中古車買取店の査定を比較できる一括査定サイトを通して査定してみましょう。
(無料で手間なく効率的に複数の業者の見積もりを比べられます。)

「一括査定サイトを利用してから買取店ごとの見積もりを比較」

この方法が最も売価が高くなりやすいので、車を売る方法で悩んだらこの方法を選ぶと失敗しにくいと言えます。

オークション(ネット・代行)

オークションで車を売る方法は、2パターン(ネットオークション・オークション代行)あります。

ネットオークションは一見手軽ですが、取引成立後に見ず知らずの人と複雑な手続きを行わなければならないというデメリットも。
※ただし複雑な手続等を任せられるサービスもあります。

オークション代行は、業者に依頼して会員制のオークションに参加する方法です。
代行料や出品料、搬送費などがかかることも考慮しなければなりません。

どちらの方法も「必ず売れる」「言い値で売れる」「すぐに売れる」という保証はありません。
すぐに確実に売りたいという方には不向きであると言えます。

反対に「希望額にならなくてもいい」「売れるのを気長に待てる」という方にとってはネックとなる部分は払しょくされるので、検討してみてもいいでしょう。

個人売買

個人売買は、仲介業者を介さずに車を売る方法です。

交渉さえ上手くいけば、売値を自由に設定できるというメリットがあります。

ただし複雑な手続きを自分で行う必要があり、金銭トラブルなどのリスクが高いのも事実。

素人は手を出さない方が無難と言えるでしょう。

各売却方法のメリット・デメリットを考慮すると、中古車買取店を利用するのがおすすめです。

複数の業者を効率的に比較するために、まずは一括査定を申し込んでみましょう

ここで、当サイト一押しの一括査定サービスを紹介します。
オークションに興味がある方は、おすすめのオークションサービスも記載しているので参考にしてみてください。

【一括査定サービス】カーセンサー【オークション】楽天Carオークション

カーセンサー画像引用元:カーセンサー公式サイト

カーセンサーは提携業者数1,000社以上の一括査定サイト。

一度に30社の同時査定申し込みが可能なので、なるべく多くの見積もりを徹底的に比較したいという方におすすめです。

メール連絡を選択することもできるので、電話対応が煩わしいという心配もありません。

今すぐカーセンサーで一括査定を申し込む ※ボタンを押した後、最短90秒で完了できます※

楽天カーオークション新LP

画像引用元:楽天carオークション公式サイト

楽天Carオークションは、オークションならではの手間を省ける便利なサービス。

売却の面倒な手続きは、ほとんど楽天に任せられるので楽かつ安心です。

また出品費用や引き取り費用などは無料なので、追加費用の心配もいりません。

さらに楽天会員ならポイントが貯まるため、他よりお得に取引できる可能性大です。

今すぐ楽天オークションで車を無料検査する 楽天ユーザーなら1分で完了します

▼楽天carオークションについては以下記事で詳しく解説しています。

楽天carオークションの口コミ・評判を徹底解説!

車を売るまでの流れは4ステップ!必要書類は事前に準備

車を売るまでの流れは全部で4ステップです。

  1. 必要書類を事前に準備する
  2. 車を査定してもらう
  3. 必要書類を提出して売却手続きを行う
  4. 車両を引き渡して入金を待つ

必要書類は査定後の提出ですが、査定前に準備しておくことがポイントです。
あらかじめ書類を準備しておくことで、売却がスムーズに進みます。

【ステップ①】必要書類を事前に準備する

まずはじめに必要書類を用意します。
発行までに数日かかる書類もあるので、査定に行く前に用意しておくと買取がスムーズです。

車の買取で必要なものが以下の書類。

  • 自動車検査証
  • 軽自動車税納税証明書
    ※軽自動車は軽自動車納税証明書
  • 印鑑登録証明書(普通自動車のみ)
  • 自賠責保険証明書
  • リサイクル券
  • 譲渡証明書(普通自動車のみ)
  • 住民票の写し(軽自動車のみ)
  • 実印

上記の必要書類がどこで発行できるのかなどの詳細は下記ページで解説しているので、あわせてチェックしてみてください。
※個人売買の場合、名義変更、保険名義変更等の手続きも必要なので、合わせて準備しましょう。

車を売るときの必要書類まとめ!住民票や委任状が必要なケースなど全て解説

車を売るときの必要書類まとめ!住民票や委任状が必要なケースなど全て解説

2020年6月25日

【ステップ②】車を査定してもらう

査定方法は「持ち込み査定」の他、業者によっては自宅での「出張査定」も行っています。
引き渡しとなった際に帰りの足がない場合や、店舗に足を運ぶ時間のない方は出張査定を検討してみてください。

また査定時は査定員に“希望の買取額”を伝えるのは避けましょう

希望額を伝えてしまうと、その金額を超える査定額を提示されにくくなるからです。

ステップ②の補足

一括査定サービスは、まず公式サイトからカンタンな申し込みフォームを送信します。
その後各業者から連絡が来て査定日時を決めるという流れです。

オークションや個人売買の場合は、査定は必須ではありません。
しかし一度プロに査定してもらうことで、売価の設定に役立つだけでなくトラブルを回避できて安心です。

「出張査定」については、以下の記事で詳しく解説していますので合わせてご覧ください。

車出張買取の流れを徹底解説!高く売る方法とトラブルへの対処法も紹介

【ステップ③】必要書類を提出して売却手続きを行う

査定額に納得できたら契約手続きを行います。
この時、事前に用意しておいた必要書類をスタッフに渡してください。

必要書類に不備がなければ手続き完了。

当日引き渡すか後日引き渡すか、スタッフと相談して決めていきます。

【ステップ④】車両を引き渡して入金を待つ

契約が完了すればあとは車両を引き渡して入金を待つだけ。
車を引き渡す前に、以下の点は最終チェックしておきましょう。

  • トランクやダッシュボードに忘れ物はないか
  • カーオーディオにCDは入れっぱなしではないか
  • カーナビに登録した情報は消去できているか

車両の引き渡し後は、だいたい引き渡しから1週間前後で入金されます

ステップ④の補足

オークションの場合、出品・落札後に入金という流れになります。

またディーラー下取りの場合は、査定額は新車購入の費用に充てられるため入金されません。

最低限知っておきたい!車の買取で気になる5つのQ&A

最後に車を売る前に知っておきたい疑問点5つに答えていきます。

  • Q1.より高く車を売るにはどうすればいい?
  • Q2.車が高く売れる時期はありますか?
  • Q3.車の買取成立後に減額されることってある?
  • Q4.事故車でも買い取ってもらえる?
  • Q5.しつこく勧誘されたらどう断ればいい?

Q1.より高く車を売るにはどうすればいい?

車を少しでも高く買い取ってもらうなら、売る時期や事前の対応がカギ。

  • 1月〜2月の高く売れる時期を狙う
  • 車内やボディを査定前に清掃しておく
  • 走行距離が5万キロ前後が頃合い
  • 純正オプションがあれば積極的にアピールする
  • キズやヘコみを自分で修理しない
  • 相場を調べて査定額アップできるか交渉する
  • 複数の車買取店をまわる

車を高く売るコツは下記ページで詳しく解説しているので参考にしてください。

【車を高く売る方法7選】時期や走行距離で数十万円も高額になる!?

車を高く売る7つのコツ!時期や走行距離によっては数十万円も高額に!?

2020年10月26日

Q2.車が高く売れる時期はありますか?

車が高く売れるのは、1月〜2月の時期。
3月は中古車がもっとも売れるので、その前に在庫を仕入れておきたいからです。

1月〜2月の時期とそうでない時期だと、車の買取金額は10万円以上も差が出ることも!

少しでも高く売るなら、売却時期も検討材料に入れておきましょう。

車は売る時期で《数十万円》も違う!損しない売却タイミング、教えます。

車は売る時期で《数十万円》も違う!損しない売却タイミング、教えます。

2020年6月19日

Q3.車の買取成立後に減額されることってある?

車の買取後に減額されることはあります
車両引き渡し後の再査定時に見落としていた欠陥が見つかり、それが原因で減額されてしまうんです。

また修理歴や事故歴などを隠ぺいした場合も減額の要因なので注意。

減額に応じる必要のないケースもあるので、詳しくは下記ページを参照してください。

車買取後に減額!?契約後の再査定の実態とトラブル回避の対処法

車買取後に減額!?契約後の再査定の実態とトラブル回避の対処法

2020年6月19日

Q4.事故車でも買い取ってもらえる?

事故車でも買い取ってもらえる可能性は十分にあります。
事故で故障した車でも、パーツに価値があれば買い取ってもらえるからです。

事故車や廃車のパーツを流通する専門業者もあるんですね。

専門業者に引き取ってもらえば廃車料金もかからず、オトクに車を処分できます。

▼車の処分方法を以下記事で詳しく解説しています。
>>【廃車は待った!】車の処分方法は2パターン。動かない車も手段次第で費用0円?

▼どんな車でも0円以上の買取保証をしてくれる買取店が気になる方は以下記事をご参照ください。
>>ハイシャルの実際にあった口コミ・評判を紹介!メリット・デメリットも詳しく解説

Q5.しつこく勧誘されたらどう断ればいい?

一括査定を依頼して「しつこい勧誘」にあった場合は、はっきりと「他店で買取を進めている」と伝えましょう。
また押しに弱い方であれば着信拒否しちゃえばOKです。

しつこく営業電話がきても、無理に対応せずきっぱり断ってください。

しつこい営業電話を含め、一括査定サイトでありがちなトラブル例は以下の記事で詳しく解説。
一括査定サイトの利用はご不安な方はぜひご一読くださいね。

一括査定におけるトラブル事例

車一括査定の注意点とトラブル事例・回避方法を解説【おすすめサイト3選あり】

2020年10月28日

車を売るまでの流れは意外とカンタン

今回解説したように、車を買取してもらうまでの流れはそこまで難しくありません

  1. 必要書類を事前に準備する
  2. 車を査定してもらう
  3. 必要書類を提出して売却手続きを行う
  4. 車両を引き渡して入金を待つ

業者を仲介して売る場合、必要書類を準備すればあとは査定してもらい手続きするだけ。
スタッフが流れを指示してくれるので、みなさんは特にすることはありません。

「車を売却するのは大変そう…」と売却を先延ばしにしていた方は、当記事を参考に車の買取を進めてみてください。