【数万円のマイナスも?!】タイヤは状態によって車買取に影響!査定基準を解説します

数万円のマイナスも!?タイヤは状態によって車買取に影響!査定基準を解説します

タイヤの状態によっては、査定額が数万円もマイナスになります!

「すこしタイヤがすり減ってるけど大丈夫?」
「スタッドレスタイヤは追加するべき?」

このような方のために、今回はタイヤの車買取への影響を解説します。

どのくらいタイヤがすり減っていると減点またはプラスになるのか、という基準も解説しているので参考にしてください。

タイヤは「溝の深さ」が査定に影響する要素

タイヤは次のように、溝の深さによって車買取に影響を与えます。

  • 【溝が5mm以上】査定額にプラスになる
  • 【溝が1.6mm以下】最大3万円以上のマイナスになる

溝が5mm以上あれば、査定額がプラスになります。
一方で1.6mm以下なら、最大3万円以上はマイナスになるので注意してください。

【溝が5mm以上】査定額にプラスになる

タイヤの溝が5mm以上あれば、2,000円〜8,000円はプラスになると査定のガイドラインで決まっています。
※参考:JAAI(日本自動車査定協会)の中古自動車査定基準

(インチ) 5mm以上
19 8,000円プラス
18 7,000円プラス
17 6,000円プラス
16 5,000円プラス
15 4,000円プラス
14 3,000円プラス
13 2,000円プラス

とはいえ溝が1.6mm以上あれば、わざわざ新品タイヤに交換する必要はありません
新品タイヤの交換費用の方が高くついてしまいます。

現在、車のタイヤの溝が5mm以上あるなら、溝がすり減る前に売却を検討してみてはどうでしょうか。

【溝が1.6mm以下】最大3万円以上のマイナスになる

タイヤの溝が1.6mm以下だと、査定額が9,000円〜35,000円マイナスになります。
※参考:JAAI(日本自動車査定協会)の中古自動車査定基準

(インチ) 1.6mm以下
19 35,000円マイナス
18 30,000円マイナス
17 25,000円マイナス
16 17,000円マイナス
15 13,000円マイナス
14 10,000万円マイナス
13 9,000円マイナス

1.6mm以下だとスリップサインが出てくるから。
スリップサインが出たタイヤは違反になるので、減点対象なんですね。

ちなみに走行距離が32,000km以上だと、溝の深さが1.6mm以下になるのが一般的。

3万km以上乗ることが予想されるなら、3万kmを交換時期の目安にしてタイヤ交換しておきましょう。

純正タイヤであることも査定額がアップのポイント

車買取は純正タイヤであることも、買取額アップになる要素。

中古車は純正パーツが好まれるからです。
需要のない別タイヤをつけていると、減点になる可能性もあるので注意してください。

別のタイヤに交換していても、買取時には純正タイヤに取り替えておきましょう。

意外と高額査定につながりにくいタイヤ

次のようなタイヤは、意外と車買取の査定額にプラスになりません

  • スペアタイヤ
  • スタッドレスタイヤ
  • ブランド品タイヤ
  • 新品タイヤ

スペアタイヤは、パンク時などの安全装備のためのもの。
不足していると減点になりますが、ばっちり揃えていてもプラスにはならないんです。

スタッドレスタイヤは、冬や一部の地域でしか需要がないので査定額アップは難しいでしょう。

ブランドタイヤは、人気の有名ブランドであれば評価される可能性も。
とはいえ査定時は前述の通り、純正タイヤに付け替えておくことをおすすめします。

余ったタイヤは「タイヤ専門店」で買取してもらう

前述したように、スタッドレスタイヤはつけても査定額に影響しません。

スタッドレスタイヤや別タイヤが余っているなら、タイヤ専門の買取業者で売るのがおすすめ。
車買取とは違い、タイヤにも値段がつく可能性があります。

宅配や出張買取を行う買取店もあるので、車を売却した後でも問題なし。

余ったタイヤを少しでも現金に換えるなら、タイヤ買取店での売却を検討してみてください。

溝が1.6mm以上ならタイヤの影響を心配しなくてOK

今回お伝えしたように、タイヤの溝が1.6mm以上あるなら査定への悪影響を心配する必要はありません

  • 【溝が5mm以上】2,000〜8,000円にプラスになる
  • 【溝が1.6mm以下】最大3万円以上のマイナスになる

ただし1.6mm以下だと、スリップサインが出て査定額がマイナスになります。
車の買取を検討しているなら、タイヤがすり減る前に買取を行いましょう。

余ったタイヤはタイヤ専門店で買取してもらい、ムダなく車を売ってみてください。