【2021年8月版】おすすめのマイカーリース比較ランキング!厳選した人気サービスを紹介

カーリースは本当におすすめ?

最近認知が拡大しつつあるカーリースサービス

多様化している現代の生活様式の中で、「車は購入しなくても乗れるもの」という新しい価値観が浸透してきているのです。

結論から言うと、カーリースの利用は購入と比べて月々の支払いを格段に抑えることができます!
車にかかる費用をもっと安く済ませたい…」という方にはかなりおすすめのサービスです。

しかし実際には「おすすめしない」「利用するのは損」という声も聞かれ、利用を躊躇している方もいます。

本記事ではカーリースサービスのお得な実態に触れながら、購入の場合とカーリースを利用した場合の費用を徹底比較

おすすめのカーリース会社もランキング形式でご紹介していきますので、「カーリースサービスはどこがいいの?」と迷っている方はぜひ参考にしてくださいね^^

先におすすめのカーリースを教えてという方はこちらから該当箇所までジャンプします。

当サイト一押しのカーリースサービスは「KINTO」
KINTO

画像引用元:KINTO公式サイト

KINTO」は車のサブスクという概念をいち早く提唱し、サービスを開始したカーリースの先駆け的存在です。

他のカーリースサービスはKINTOを模範として展開していると言っても過言ではありません。

安全性の高いトヨタの新車に乗れるとあって、カーリースサービスの中でも信頼・人気は断トツです!

初期費用はもちろん0円!
車の乗り方をKINTOの利用に切り替えた方の中には、車に関する月々の支払いが3万円も安くなったという声もあるほど。

トヨタの人気車種が一挙にラインナップされているので、きっとアナタにピッタリの一台も見つかりますよ♪

【独自調査】実際のKINTOユーザーによる口コミ

調査方法:WEBアンケート(クラウドワークス
調査エリア:全国
調査対象:KINTOを使用した人25名
年代:20代~50代
調査期間:2021年6月下旬

‐ゴンザレスさん/31歳/男性
選んだ理由:決まった額でお金の管理がしやすい
契約した車種:【トヨタ】ルーミー/2wdの1.0L
月々の支払:約38,000円
走行距離上限:54,000km

タイヤ交換などのメンテナンスもしてくれますし、サービスはかなり充実しています。数年ごとに車を乗り換えたいと思っている人にとっては、新車を買うよりもかなり安くつきますし、コスパは最高です。海外転勤が決まった時は違約金無しというサービスも嬉しいです。

‐きたぐにさん/40代/男性
選んだ理由:新車に月額制で乗れる
契約した車種:【トヨタ】ヤリス/G1.5L・CVT・2WD
月々の支払:44,550円(3年プラン)
走行距離上限:54,000km

今まで維持費を気にして車を選んでいました。 定額支払うだけなので余計な心配がなくなり自分に合った車選びが出来るようになりました。 お金の管理もしやすくなりました。 心配していたアフターフォローも全く問題ありません。 定期的に新しい車に乗りたい私にはピッタリです。

\月額は4万円~/
KINTOでお得に
車を乗り換える
※申込み~審査までWebで完結※

▼KINTOの実際の評判が気になる方は、以下記事からチェックしてみてください!
>>KINTO(キント)の評判・評価は?車の利用料って高い?実際の口コミ・レビューからぶった斬り!

Contents

「マイカーリース(カーリース)」とはそもそもどんなサービス?

カーリース」とは、月額制で車に乗れるサービスのことを指します。

契約者の選んだ自動車をカーリース会社が調達し、契約者は月々決められた使用料をカーリース会社に支払う仕組みです。

カーリースは車を購入するわけではなく、利用したい期間のみ契約を交わして定額料金で使用します。
そのため「車のサブスク」とも呼ばれるサービスです。

使用期間は3年~7年程度の契約が主流ですが、サービスによっては最短1ヶ月・最長11年の契約を交わすこともできます。

また任意保険や車検の料金は、サービスによって月額の中に含まれていたり別途料金が必要だったりと様々。

ご自身の生活や利用頻度に合ったサービスを見つけ、一番ピッタリのリース会社を利用することでお得に車に乗ることができるのです。

カーリースの料金はどんな仕組み?

カーリースの料金の仕組みは?

カーリースの月額料金は、車両価格やその他費用を残価を差し引いて月数で割ることで算出します。
残価とは「購入した車を数年後に下取りに出した際の車の価値」、つまり「下取り価格」のことです。

残価設定ローンではこの差し引かれた残価を返済最終回に精算する必要がありますが、カーリースなら残価の精算は必要ありません

つまり車両本体価格全額を支払う一括購入やカーローンでの購入より総支払額は安くなるというわけです。

一台の車に長く乗るのもアリですが、車は長く乗れば乗るほど資産価値がなくなっていくのが実情。

どれだけ愛着を持って乗っても、乗り換えを検討する頃には資産価値は購入時の半分以下になっています。

カーリースの利用はお得に新車に乗り続けることができる手段であり、いつか訪れる車の売却や処分などの手間を省くための選択肢とも言えるでしょう。

カーリースの利用方法は?

カーリースの利用手順は以下の通り、とっても簡単です。

  1. 公式サイトで見積もり・審査申し込み
  2. 審査
  3. 契約
  4. 納車

基本的には車選び~納車まで全てWebで完結するため、店舗に赴く必要はありません

サービスによっては自宅や勤務先など、指定の場所まで納車してくれる会社もあります。

何度も店舗へ行く時間が取れない方にも、カーリースサービスの利用はおすすめです。

カーリースの審査基準は?

カーリースの審査基準はサービスによってまちまちですが、基本的には以下の項目を重要視します。

  • 年収
    年収200万円以上がひとつの基準とされている
  • 信用情報
    金融ブラックリストなどに乗ってしまっていると審査は通らない
  • 職業
    フリーターやパートタイマー、自営業者などは審査に不利になりがち
  • 勤続年数
    同一勤務先に3年以上の勤務歴があると審査で有利に働く
  • その他の要件
    自宅は持ち家か賃貸か・連帯保証人がいるか・審査報告時の虚偽申告はないか、など

通常のカーローンなどの審査項目とほぼ似通っているので、普通の会社員の方ならまず問題なく通るでしょう。

ただし年収200万円以上だったとしても、年収を100万円以上上回る価格の車を希望した場合などには審査に通りにくくなるので留意してください。

審査はカーリース会社で独自に行われるため、ひとつのカーリースサービスでの審査に通らなかったとしても他の会社の審査なら通ることもあります。

カーリース車で事故を起こした場合は?

カーリース車での事故の対応は、基本的には以下の通りになります。

  • 車が全損した場合
    強制的に契約終了
  • 修理できる状態の場合
    契約続行可能

全損した際の契約終了時の精算は、違約金を支払う必要があります。
違約金の額は契約内容やカーリースサービスによる違いはありますが、一般的には残りの契約月数の月額と事務手数料等の合計金額です。

車の一部破損など、修理すれば走行可能な場合にはリース契約を続行することができます。

ただし車の修理費用が月額の中に含まれていない場合には、修理費用を負担する必要があるので注意しましょう。

【購入と比較】カーリースはお得?コスパは良いの?

結論から言うと、購入と比べてカーリースは断然コスパが良いと言えます。

購入とカーリースで車にかかる費用の比較表は以下の通り。
一例ですが「KINTO」でヤリスクロスを5年契約した場合の表です。

※KINTO:5年契約
※購入時:5年で乗り換える想定(ローン5年完済)

KINTO利用時現金一括払い自動車銀行ローン(5.0%の場合)
A:車両代・オプション代利用料に含まれる2,048,8752,048,875
B:税金・諸費用(自賠責・自動車税等)307,720307,720
C:任意保険・メンテナンス1,498,2301,498,230
D:分割払い手数料271,009
E:3年後の下取り参考価格614,663614,663
F:3年後の総支払額(A+B+C+D-E)2,475,000円3,240,1633,240,163
月々の支払額(F÷36ヶ月)41,250円54,003初回:59,671円
2回目以降:58,500円

月々の支払いはカーローンでの購入よりも17,000円以上お得になります。

また契約満了までの諸費用が月額料金に含まれているで、税金支払い時や車検時でも関係なく支払額が常に一定という点はカーリースの大きな利点です。

カーリース利用時と購入時で発生する支払いのタイミング比較表
支払うタイミングカーリースの場合購入の場合
購入時なし
  • 頭金
  • 自動車税(車種別)
  • 環境性能割
  • 自動車重量税
  • 自賠責保険料
  • 預かり法定費用(印紙代)
  • 登録代行費用
  • 車庫証明代行手数料納車費用
  • ナンバープレート取得費用
  • 納車費用
  • リサイクル料金
毎月月額料金のみ
※月額料金には諸費用が全て含まれている
車両価格の分割払い
年に一度なし自動車税(車種別)
車検時基本的になし(サービス内容による)
  • 車検費用
  • 自動車重量税
  • 自賠責保険料
都度
  • 燃料代
  • 駐車場代
  • 燃料代
  • 駐車場代
  • メンテナンス代

カーリースの月額料金には車検料・保険料・メンテナンス料等が含まれているため、車を持つために払わなければいけない金額は月額料金と燃料代・駐車場代のみというわけです。

カーリースを利用せずに車を所有した場合の維持費が気になる人はこちらをチェックしてください↓
>>車の維持費を節約できる方法7選!維持費の月間・年間シミュレーションも車種別に比較

一般的な車検費用が知りたい方はこちらを参照してください↓
>>車検の費用相場はどれくらい?車種別の費用の目安や依頼場所の賢い選び方までマルっと解説!

【おすすめする理由】(マイカーリース)カーリースを利用するメリット6選

ここからはカーリースの利用をおすすめする理由・メリットを6つ解説していきます。

  • 月額制なので車に関する費用を平準化できる
  • 頭金なし(初期費用0円)で新車に乗れる
  • 申込みはネットで完結するので手間いらず
  • ライフステージに合わせて気軽に車を乗り換えられる
  • 分割支払いの利息がマイカーより安い
  • 法人利用なら経費として計上できる

パッと思いつくだけでカーリースのメリットはこんなにたくさん!

カーリースって本当にお得なの?」と疑問を持っていらっしゃる方は、ぜひ目を通してみて下さいね。

メリット①月額制なので車に関する費用を平準化できる

カーリースなら急な出費の心配は不要

カーリースならメンテナンスも車検も全て月額の中に含まれている場合が多く、車にかかる費用を年単位で平準化できます。

【カーリースの月額の中に含まれている主な諸費用】

  • 車検代
  • 保険料(任意保険・自賠責保険)
  • 重量税
  • メンテナンス代

もちろんサービスによって内容は異なりますが、基本的に上記のものは月額の中に含まれているとお考えください。

急なメンテナンスで出費がかさむ…」「今年は車検があるから節制しなきゃ!」などの状況は、車をお持ちの方は既に経験しているはず。

カーリースの利用であれば、車に関する急な出費の心配は不要です。

毎月の車にかかる費用を一本化できるので、家計の見通しも立てやすくなります。

メリット②頭金なし(初期費用0円)で新車に乗れる

購入と違い、カーリースの利用には頭金はかかりません

つまり審査にさえ通れば、初期費用0円で新車に乗れるということ。

通常車を購入する場合は、車両本体価格の2割~3割程度の頭金が必要です。
300万円の車を購入する際には、60万~90万程度の頭金が必要という計算に。

カーリースであれば、まとまった金額の用意がなくても新車に乗ることができます。

購入するには金銭的に余裕のない方でも、手軽に車を手元に置くことができるのです。

メリット③申込みはネットで完結するので手間いらず

カーリースの利用手順は先述した通り、まずはサービスの公式サイトにアクセスするところから始まります。

乗りたい車種をWeb上から選んで審査に申込むだけですので、店舗に行く時間が取れなくてもOK!

サービスによってはご自宅などに直接納車してくれるため、店舗に行く回数は最小限で済みます。

車をじっくり見て回る時間がない」「交渉・商談のために何度も店舗へ行くのは面倒」…。

上記のような時間に余裕のない方にもカーリースの利用はおすすめです。

メリット④ライフステージに合わせて気軽に車を乗り換えられる

ライフステージに合わせて車を乗り換えられる

カーリースで選べる車種は豊富なため、ライフステージや気分に合わせてフレキシブルな車の乗り換えが可能です。

例えば車を使う期間が限定的だったり、常に新車に乗り続けていたい方にはピッタリと言えます。

生活の仕方やお金の使い道などが多様化している現代は、車の持ち方も人それぞれ。

カーリースサービスは「マイカーは購入するもの」という概念を崩し、気分や生活に合わせて気軽に車を乗り換えるという選択肢を与えてくれるサービスなのです。

メリット⑤分割支払いの利息がマイカーより安い

車を購入したときと比べると、カーリースの利用は全体的に費用を抑えられます

つまりそれだけ支払う利息も安く済ませられるというわけです。

「諸費用が全て含まれているため月額が高いのでは…」と思われがちですが、先述した通りカーリースの月額は残価を引いて算出されます。

最終的な残価の精算も不要のため、購入するより圧倒的に安価なのです。

メリット⑥法人利用なら経費として計上できる

カーリースの月額であれば、法人利用なら全て経費計上が可能です。

経理上の手続きが簡素化でき処理が楽になりますし、かなりの節税効果が見込めます。

一般的に法人や個人事業主が新車を購入する場合、その金額は経費として計上できません。
資産計上の処理となり、普通車の場合は6年かけて減価償却をしていく必要があります。

カーリースの月額料金なら使った分だけ損金として計上していくことができ、経費処理上も明瞭でコスパも良いというわけです。

マイカーリース(カーリース)を利用するデメリット3選

カーリース利用時のデメリット

カーリースサービスを利用する上でデメリットも把握された上でご利用いただきたいのでご紹介します。

主な留意点は以下の通りです。

  • 走行距離制限がある
  • 汚れや傷には注意が必要
  • 中途解約には違約金が発生する

カーリースの利用はメリットのほうが多いのでおすすめですが、デメリットもしっかり把握しておきましょう。

カーリースを利用しないほうが良かった…」なんてことにならないためにも、購入とどちらがご自身のスタイルに合っているのかを見極めることが大切です。

デメリット①走行距離制限がある

サービスにもよりますが、カーリースの使用には月に1,000㎞~3,000㎞程度の走行距離制限があります。

超過した場合の精算の仕方はサービスによって異なるため、事前に調べておきましょう。

大体は月ごとに支払うケースと、1年間もしくは契約年数の累計で支払うケースが主流です。

累計計算のサービスであれば、例えば長い距離を走ってしまった月があっても別の月で利用を押さえれば問題ありません

デメリット②汚れや傷には注意が必要

カーリースの契約は、あくまで借用契約となります。

そのため返却時には原則として「元の状態のまま返却する」必要があるため、車内を汚したり車体に傷を付けたりしてしまうことには充分な注意が必要です。

状態が悪くなりすぎると、返却時に追加料金が発生することも。
※40センチ以上の傷やガラスの破損などが追加料金の対象です

サービスによっては「喫煙禁止」「ペット同乗禁止」の会社もあるため、利用規約にはきちんと目を通しておきましょう

デメリット③中途解約には違約金が発生する

カーリースの契約は原則として中途解約は不可です。
契約年数に満たない段階での解約には所定の清算金(違約金)が発生してしまいます。

カーリースの月額は、その契約期間中に車を利用し続けることを前提として利用料金を算出する仕組み。

リース会社としては途中で解約となると残りの契約期間分のリース料(車両価格の一部を含む)を受け取れなくなり、損害が発生します。

そのためどのカーリースサービスにおいても、中途解約には違約金がかかるのです。

カーリースの利用をおすすめする人

カーリースがオススメな人

以下の項目に当てはまる方には、カーリースの利用はかなりおすすめです。

  • 車に関する費用を抑えたい・平準化したい
  • 手軽に車を選びたい
  • 生活・ライフステージの変化に合わせて車を変えていきたい
  • 長距離の運転は頻繁にはしない

カーリースの利点はなんと言ってもリーズナブルに車を乗り換え続けることができる点。

そのため気軽に・手軽に新車に乗り続けたい人にはピッタリのサービスと言えます。

またライフステージに合わせて車を乗り換えることもできるので、今後の生活の変化を楽しみたい方にもおすすめです。

逆にカーリースをおすすめしない人は?

カーリースの利用をおすすめしない人は、以下に当てはまる人です。

  • 車を資産として所有したい
  • 同じ車を長期間乗りつぶしたい
  • よく長距離を運転する

どうしても車を「所有したい」方には、カーリースサービスは不向きと言えます。

また走行距離制限がある点から見ても、車で月に3,000㎞以上走行する方にはかえってコスパが悪いことにもなりかねません。

カーリースの利用は様々な生活様式に合わせることができますが、利用の向き不向きをしっかり把握して利用しましょう。

どこがいい?おすすめのマイカーリースの選び方を解説

マイカーリースを利用する際、よりお得に選ぶために以下の3つの視点で選ぶことをおすすめしています。

  • 任意保険料が含まれているかどうか
  • リースの期間
  • 選べる車の種類
順番に詳しく見ていきましょう。

カーリースの選び方①:任意保険が含まれているかどうか

カーリースを選ぶ際は必ず任意保険が料金の中に含まれているかを確認することをおすすめします。

購入、リースにかかわらず車に乗る方の大多数が万一に備えて保険に加入するでしょう。

月々の支払が安いカーリースサービスというのは、任意保険料が含まれず結局月々の支払いが高くついてしまうことも。

任意保険料が含まれていないカーリースを利用する際は、保険料も加味して比較検討しましょう。

カーリースの選び方②:リースの期間

カーリースを選ぶ際は、自分の利用したい期間とリースの期間がマッチしているか確認しましょう。

リース期間によっておすすめできるサービスも異なるので注意が必要です。

お得さに目を向けると3年の短期リースではKINTOを、7年以上の長期リースではカルモくんがお得なのでおすすめしています。

自分の利用したいリース期間に適したサービスを選ぶましょう。

カーリースの選び方③:選べる車の種類

カーリースを選ぶ際は、選べる車の種類を確認しましょう。

カーリースはリース企業から車を借りることになるので、欲しい車が選べるとは限りません

事前にリースする車を決めておきその車を選べるサービスを利用しましょう。

カーリースの車選択画面を開くと、魅力的な車種が多く検討していなかった車も良いと思ってしまうので注意です。

【どこがいい?】おすすめのカーリース比較ランキングをジャンル別にご紹介!

「カーリースはどこがいいの?」というお悩みの方へ当サイトおすすめのカーリース会社を6社ご紹介していきます。

任意保険や保証・サポートなどがしっかりしているカーリースサービスと、とにかく安く契約できるカーリースサービスで分けしました。

サポートがしっかりしている会社はその分少し費用は高めですが、正規ディーラーでのメンテナンスを受けられるなどの利点があります。

一方で安く車に乗れるカーリースサービスは、メンテナンスや任意保険が別途料金型が多いです。
しかしその分、月額は安くできます

どちらのサービスがご自身にとって一番ピッタリなのか、まずは各サービスの公式サイトをチェックしてみてくださいね!

【任意保険付き!】おすすめのカーリース比較ランキング

基本的にカーリースサービスの月額には任意保険が含まれていますが、中には追加料金で任意保険が付く内容のものも。

「カーリースサービスを利用するなら任意保険付きのサービスで安心して利用したい!」という方へ、当サイトおすすめの任意保険付きのカーリースサービスをランキング形式でご紹介していきます!

第1位:KINTO

KINTO

画像引用元:KINTO公式サイト

「KINTO」はトヨタの新車を扱うカーリースサービスです。

選べる車種は人気のトヨタ車種なんと30車種以上!
しかも憧れのレクサスまでカーリース利用が可能です!

パッソアクアなどのコンパクトカーからファミリー向けのヴォクシーアルファード、今売れに売れているあのヤリスクロスまで乗れちゃいます。

もちろん任意保険や車検・税金は全て月額の中に込みなのでとってもお得!

メンテンスもトヨタの正規店で行ってくれるので安心です。

トヨタ正規ディーラーで可能なメンテンナンス一覧
  • 法定点検
  • 定期点検
  • 車検※3年プランを除く
  • ロードサービス
  • 故障修理
  • 代車
  • 油脂類の交換及び補充
  • 所定の消耗品の交換
    【消耗品一例】
    エンジンオイル/エンジンオイルフィルター/エアクリーナーエレメント/タイヤ/バッテリー/ワイパーゴム/ウィンド・ウォッシャー液/エアコンフィルター/ブレーキパッド/ブレーキシュー/ブレーキライニング/ブレーキフィールド/各種電球/各種電池(電子キー・カードキー)など

特に3年の短期リースでトヨタの新車に乗る場合はどこよりもお得に利用することができます。

【独自調査】実際のKINTOユーザーによる口コミ

調査方法:WEBアンケート(クラウドワークス
調査エリア:全国
調査対象:KINTOを使用した人25名
年代:20代~50代
調査期間:2021年6月下旬

‐とりっちさん/30代/男性
選んだ理由:決まった額でお金の管理がしやすい
契約した車種:【トヨタ】パッソ
月々の支払:37,510円
走行距離上限:54,000km

定額制なので、非常にお金の管理がしやすいと思いました。常に車に乗るわけではないので、必要な時に車に乗っているという感じなので。軽ですと、都会でもスイスイ走りやすいので車種も気に入ってます。また、最初の契約段階で車に手を出すハードルが少ないと感じました。

‐きたぐにさん/40代/男性
選んだ理由:新車に月額制で乗れる
契約した車種:【トヨタ】ヤリス/G1.5L・CVT・2WD
月々の支払:44,550円(3年プラン)
走行距離上限:54,000km

今まで維持費を気にして車を選んでいました。 定額支払うだけなので余計な心配がなくなり自分に合った車選びが出来るようになりました。 お金の管理もしやすくなりました。 心配していたアフターフォローも全く問題ありません。 定期的に新しい車に乗りたい私にはピッタリです。

保険料が高い若年層ほどKINTOの保険料が込み込みである恩恵を受けることができます。

初めての車に乗る方もKINTOで手軽にカーライフをスタートしてみてはいかがでしょうか^^

\月額は4万円~/
KINTOでお得に
車を乗り換える
※申込み~審査までWebで完結※

▼KINTOの実際の評判が気になる方は、以下記事からチェックしてみてください。
>>KINTO(キント)の評判・評価は?車の利用料って高い?実際の口コミ・レビューからぶった斬り!

第2位:マンスリーオーナー

マンスリーオーナー

画像引用元:マンスリーオーナー公式サイト

マンスリーオーナー」は、ホンダが展開するカーリースサービスです。

その名の通り最短1ヶ月からホンダ車とリース契約ができるので、例えばお仕事などで数カ月間だけ車が必要になったときなどにはとっても便利。

選べる車種は6種類と少ないですが、月額最安値は29,800円~と大変リーズナブルなサービスです。

ただしサービスの取り扱い店舗と利用できる車両は限られているため、申込後に車両に空きがなければ利用できません

短期間かつリーズナブルな契約ですので、「まずは車のある生活がしてみたい」という方にもおすすめですね。

第3位:ウルトラマイカープラン

ウルトラマイカープラン

画像引用元:ウルトラマイカープラン公式サイト

三菱自動車が展開する「ウルトラマイカープラン」は、カーリースには珍しく頭金を払うことも可能なサービスです。

もしまとまった金額が少しでも用意できるのであれば、その分月々の支払いもグッと割安にすることができます。

もちろん頭金はなしでも問題ありませんので、まずは申し込んでみるのもOK!

選べる車種は三菱の人気車種10種類ほどですが、車種のバリエーションは豊富なので使用用途に合った車は見つかるでしょう。

【とにかく安い!】おすすめのカーリース比較ランキング

カーリースサービスは購入と比較してコスパの良いものではありますが、とにかく「安さ」にこだわったサービス会社も。

ここからは「とにかく安く車に乗れる」カーリースサービスをご紹介しています。

第1位:定額カルモくん

カルモくん

画像引用元:定額カルモくん公式サイト

定額カルモくん」ならなんと月額費用は1万円~

自宅など指定した場所に納車もしてくれるので、全ての手続きがオンラインで完結します。

月々プラス500円を追加する「乗り放題オプション」なら、なんと契約満了時に追加料金なしで車両をもらうことも可能です!
※適応条件:新車7年契約時のみ

利用期間も最短1年から最長11年までと、広い幅で選択できます。

定額カルモくんはトヨタ・日産・ホンダ・マツダなど複数の正規ディーラー車を取り扱っているため、選べる車種も断トツで多いのも特徴です。

カルモくんで選択可能な車種
メーカー車種
トヨタピクシスメガ/パッソ/ヤリス/ライズ/ルーミー/カローラアクシオ/カローラフィールダー/ヤリスクロス/アクア/シエンタ/ポルテ/スペイド/カローラ/カローラツーリング/カローラスポーツ/C-HR/プリウス/ノア/RAV4/86/ヴォクシー/ハリアー/アイエースワゴン/エスクァイア/アルファード/ヴェルファイア/ランドクルーザープラド/クラウン/スープラ/ランドクルーザー
日産ルークス/デイズ/マーチ/NV100クリッパーリオ/ノート/シルフィ/NV200バネットワゴン/エクストレイル/キックス/セレナ/エルグランド/フェアレディZ/スカイラインセダン/フーガ/シーマ
ホンダN-WGN/N-BOX/N-ONE/フィット/シャトル/フリード/ヴェゼル/ステップワゴン/ステップワゴンスパーダ/シビックハッチバック/インサイト/CR-V/オデッセイ/アコード/シビックタイプR
マツダキャロル/フレア/フレアクロスオーバー/フレアワゴン/フレアワゴンカスタムスタイル/フレアワゴンタフスタイル/マツダ2/CX-3/マツダ3ファストバック/マツダ3セダン/CX-30/ロードスター/CX-5/マツダ6ワゴン/マツダ6セダン/CX-8/ロードスターRF
スバルプレオプラス/シフォン/インプレッサG4/インプレッサスポーツ/スバルXV/フォレスター/レヴォーグ/WRX STI
スズキアルト/ワゴンR/ハスラー/スペーシア/アルトラパン/エブリィワゴン/ワゴンRスティングレー/ジムニー/スペーシアカスタム/アルトワークス/スイフト/スペーシアギア/イグニス/ソリオ/クロスビー/ジムニーシエラ/スイフトスポーツ/ソリオバンディット/エスクード
ダイハツミライース/ミラトコット/ムーヴ/タント/キャスト/タフト/ウェイク/ムーブキャンパス/ブーン/アトレーワゴン/トール/コペン/ロッキー/アルティス
三菱ekスペース/ekワゴン/ekクロススペース/タウンボックス/ミラージュ/デリカD:2/RVR/エクリプスクロス/アウトランダー

リース車のラインナップに軽自動車も豊富な点も魅力的ですね。

プラン内容も豊富に用意されているので、「とにかく安くカーリースを利用したい!」という方はぜひ定額カルモくんの公式サイトをチェックしてみてください!

【独自調査】実際の定額カルモくんユーザーによる口コミ

調査方法:WEBアンケート(クラウドワークス
調査エリア:全国
調査対象:定額カルモくんを使用した人25名
年代:20代~50代
調査期間:2021年6月下旬

-かなさん/30代/女性
選んだ理由:新車に月額制で乗れるから
契約した車種:【トヨタ】ヤリス
月々の支払額:約30,000円
走行距離上限:1,500km

頭金がなくても月額利用料を支払うことで国内大手メーカーの人気車種の新車に乗れるのが魅力です。車にかかる様々な税金も含んだ料金なので追加料金が発生しません。基本ネットでのやりとりで安い値段設定なのも魅力です。

‐しばっち12/40代/男性
選んだ理由:中古車も選べる(費用が抑えられる)
契約した車種:【ホンダ】フィットシャトル/GP2
月々の支払額:21,600円
走行距離上限:なし

きちんと整備されているので、安心して利用する事ができました。また故障時の保証もちゃんとしており、実際に利用していた時にはスムーズに保証してくれました。提携している整備工場も近くにたくさんあり良かったです。

選べる車種は100以上
定額カルモくんで
とにかく安く車に乗る
※納車まで全てWeb完結※

カルモくんの評判はこちらの記事をチェックしてください↓
おトクにマイカー定額カルモくんの評判・口コミは?審査が厳しいって本当?

第2位:カーコンカーリース

カーコンカーリース

画像引用元:カーコンカーリース公式サイト

カーコンカーリース」は独自の「もろコミ」というプランを設けており、9年・7年プランの利用であればそのままリース車を契約者に譲渡しているサービス。

つまりリース契約満了後にはそのまま車がもらえるサービスです。

そのため走行距離制限もなく、ペットの同乗や喫煙によるニオイを気にする必要もありません。
※ただし車を返却して乗り換えたい場合には、走行距離の精算やクリーニング代が発生します。

カーリースには珍しく「車を乗りつぶしたい」というニーズにも寄り添ったプラン展開です。

もちろんカーリースには変わりないので頭金は不要、月々の支払額は定額!
最終的に車を所有できるという点は購入と変わりませんが、購入するより断然お得です!

Webからの申込みはたったの5分で完了する簡単なフォーム入力のみなので、まずは公式サイトをチェックしてみてくださいね。

\月額は8,000円~!/
カーコンカーリースの
公式サイトはこちら
※契約満了で車がもらえる!※

第3位:オリックスカーリース・オンライン

オリックスカーリース・オンライン

画像引用元:オリックスカーリース・オンライン公式サイト

「オリックスカーリース」では、プランの内容によって契約満了後に車の譲渡が可能です。

新車は国産全メーカーを取り扱っており、中古車リースの場合には在庫から選ぶ形になります。

オリックスカーリースの場合、車検やメンテナンスなどは月額に含まれていません。
その代わり契約期間中は車検・メンテナンス等の無料クーポンが送付されてくる仕組みです。

新車だけでなく中古車のラインナップも豊富なので、さらに金額を抑えることもできますね。

カーリースに関するその他のQ&A

Q1.中古車のカーリースもあるの?

カーリースには中古車の取り扱いがあるサービスもあります

金額は新車より安くなりますが、せっかくのカーリースなら新車に乗ったほうがお得かも知れません。

とは言え月額料金もかなり抑えられ、安ければ月々数千円で車を持つことが可能になります。

とにかく月額を安くしたい!」という方は、中古車リースの契約も視野に入れてみましょう。

Q2.短期間でも利用できるカーリースはある?

カーリース契約は基本的に1年以上が原則ですが、数ヶ月単位で契約できる会社もあります

しかしあまりに短期間すぎる場合、カーシェアリングなどのサービスを使ったほうがお得になるケースも。

短期間契約の場合は、車の使用頻度がどの程度なのかをはっきり把握して選択しましょう。

お得に賢く車を選ぶならカーリースは利用必須

車の乗り方が多様化している昨今、よりお得に賢い車の乗り方を選ぶならカーリースを利用しない手はありません

こんなに安く新車に乗れるなら、車にお金をかける時代はもう古いのかも知れませんね。

カーリースを利用して、今後のライフステージの向上を思いっきり楽しみましょう!

▼おすすめカーリースサービス(車のサブスク)に関しては、以下記事も合わせてご覧ください。
>>【安い?高い?】車のサブスクのメリット・デメリットを購入と比較!厳選したおすすめのサブスクサービスも紹介

▼以下記事ではカーリースにまつわる失敗や後悔の原因を解説しているため、ぜひ参考にしてみて下さい。
>>【やめとけ?】カーリースでよくある失敗・後悔とは?失敗しないための方法も徹底解説!

▼料金形態が似ている残価設定ローン(残クレ)と比較しても、カーリースはお得です。
以下記事ではその理由を解説していますので、合わせてご一読ください。
>>残価設定ローン(残クレ)のデメリット・注意点が丸わかり!残クレは損ばかりできついって本当…?