車の購入予算は年収の何割?年収ごとにおすすめの車種が一目でわかる!

車の購入予算は年収の何割?

車選びにおいてポイントのひとつとなるのが年収です。

年収を全く顧みずに車の購入計画を立てると、思ったよりも月々の支払いが高くなるなど後悔することにもなりかねません。

生活の中で無理なく車を手に入れるには、年収に合った車を選ぶことが大切です。

本記事では車購入時の予算の決め方や、年収ごとにオススメの車種をご紹介します。

年収に対して何割の予算を車に充てていいの?」「年収いくらならどの程度のランクの車を買える?」など、年収と車の関係について疑問のある方はせひご一読ください!

車の購入資金の目安の割合は?年収の何割?

無理なく購入できる車の価格帯は、おおよそ年収の5割(半分)が目安

年収400万円の方であれば200万円程度、年収500万円の方であれば250万円程度が基準になります。

ただし年収300万円以下の方は、「150万円までの車なら買える」と安易に考えてはいけません

人間の生活に必要な金額は、ある一定額から下がることはないからです。

例を挙げるなら年収200万円の方が100万円の予算で車を購入するのは、現実的ではありませんよね。

【検討事項】車の購入予算の決め方

車購入時の検討事項

目安として車の購入予算は「年収の半分」ですが、他にも考慮すべき検討事項はいくつかあります。

  • 車にかかる維持費
  • 支払い方法は一括かローンを組むのか

どちらも車以外の生活費を鑑みた上で検討するべき事項ですので、ご自身の生活と照らし合わせてみましょう。

検討事項1:車にかかる維持費

車は買って終わりの買い物ではなく、乗り続けるためには維持費がかかります。

維持費の主な内訳は以下の通り。

  • ガソリン代
  • 月々の駐車場代
  • メンテナンス費用
  • 諸税金・保険料

一般的に車体が大きくなればなるほど維持費は高くなります。

ご自身の年収の中からどの程度の割合まで車の維持費に割けるのかは、購入前にきちんと考えましょう。

▼車の維持費に関することは、以下記事でも詳しくまとめています。
>>車の維持費を節約できる方法7選!維持費の月間・年間シミュレーションも車種別に比較

検討事項2:支払い方法は一括かローンを組むのか

車の購入方法は、大きく分けて「現金一括払い」と「ローン支払い」の2通り。

どちらを選んでもメリット・デメリットがあるため、支払い方法はご自身のライフスタイルや考え方に合わせてきちんと選択することが重要です。

それぞれのメリット・デメリットをまとめた表は以下。

メリットデメリット
一括払い
  • 支払い手続きは一回で済む
  • 金利が発生せず総支払額は抑えられる
  • まとまった金額の用意が必要
  • 一時的とは言え負担がかかる
ローン支払い
  • まとまった金額の用意がなくても車を購入可能
  • 一時的な負担はない
  • 金利が発生し総支払額は増える
  • 長期的な「返済計画」を見据える必要がある

一括払いのほうが総支払額は抑えられるものの、まとまった現金の用意が必須です。

対してローン払いであれば一時的な負担は減りますが、金利が発生するため総支払額は増額します。

一括で払える程度の貯金計画を立てるのか、ローン支払いで長期的な返済計画を立てるのか。

重要なのは「その支払い方法で生活していけるかどうか」ですから、車以外にかかる生活費のことも考えた上で判断しましょう。

ローン支払いの場合、金利手数料の目安は?

ローンでの支払いを選択した場合、どのローンを利用するかで金利が変わってきます。

一般的にカーローンの種類は3種類。
銀行系ローン・信販系ローン・ディーラーローンから選択できます。

それぞれのローンの金利目安は以下の通り。

銀行系ローン年2%~3%
信販系ローン年1.9%~9.9%
ディーラー系ローン年5%~8%

銀行系ローンは金利が低めですが、年収が低いと審査に通りにくいというデメリットも。

通常は金利が低ければ低いローンほど審査は厳しいとされています。

【車選びの参考に!】年収別のおすすめ車種をご紹介!

ここからは年収別のオススメ車種を3車種ずつご紹介していきます!

それぞれの車の特徴もご紹介していきますので、ぜひ車選びの参考にしてみてくださいね。

年収300万円以下の方にオススメの3車種

年収300万円という数字は、日本の新卒年収の平均くらいです。

年収300万円以下の方は、基本的には50万円~100万円程度の中古車から選ぶようにしましょう。

現代の車技術は格段に進んでいるため、中古車であっても車選びさえ間違えなければ良い状態のものを購入することができます。

①ホンダ:フィット

フィット

画像引用元:カーセンサー

新車価格1,557,600円~2,866,600円
中古車価格868,000円~2,880,000

中古車価格参考:カーセンサー

コンパクトながらも室内空間の広さ豊富なラインナップで人気の「フィット」。

多彩なシートアレンジは3つのモードで使い分けることができ、荷物に合わせてアレンジが自在です。

後席では足を組めるほどの余裕もあり、フラットで使いやすい荷室も比較的大きな荷物まで楽に乗せられます。

細いピラーのおかげで安全確認もしやすく、運転初心者の方にもピッタリの一台です。

②ダイハツ:ミライース

ミライース

画像引用元:カーセンサー

新車価格860,200円~1,372,800円
中古車価格398,000円~1,512,000円

中古車価格参考:カーセンサー

低燃費でもストレスなく走れるダイハツのエコ技術「イーステクノロジー」を詰め込んだ「ミライース」は、なんと新車であっても100万円以下の予算で買えちゃいます。

中古車は車両価格が安くてもメンテナンスなどの維持費がかかりやすい傾向にあるため、最初から価格帯の安い新車に目をつけるのも一つの手段です。

運転のしやすさを最も考えられた運転席や乗っている人もくつろげる後席は、自然と体に馴染みやすい使い心地を実現。

機能的で充実した収納性も発揮しており、コンパクトだからと言っても性能面で苦労することはないでしょう。

③トヨタ:アクア

アクア

画像引用元:カーセンサー

新車価格1,818,3002,610,300
中古車価格140,000円~2,380,000円

中古車価格参考:カーセンサー

トヨタの「アクア」は、低予算でも車のブランド力を上げたい方にオススメのコンパクトカーです。

フォトジェニックな見た目とスタイリッシュな内装で、コンパクトカーながら「カッコいい」車の印象が強いアクア。

車高の低いボディから想像するよりも遥かに広い室内空間を有しており、後席もゆったりくつろげます。

ラゲージスペースは容量もたっぷりと確保され、開口幅も広く取られているので荷物の出し入れも楽チンです。

小回りの効くボディながら力強い走行性能を発揮する点は、まさにトヨタならではの技術力ですね。

年収400万円以下の方にオススメの3車種

日本の企業に勤めるサラリーマンの平均年収は432万円と言われているため、年収400万円はひとつの収入目安になります。

通常このくらいの収入があれば、150万円~200万円程度の車を選ぶことが可能です。

中古車ではなく新車でも無理なく買える程度の収入と言えるでしょう。

①トヨタ:ヤリス

ヤリス

画像引用元:カーセンサー

新車価格1,395,0002,522,000

世界トップレベルの低燃費性能と力強い走りを両立させた「ヤリス」。

コンパクトカーとして初めて「TNGAプラットフォーム」を採用し、運転のしやすさ優れた操縦性をコンパクトなボディに詰め込んでいます。

使い勝手の良い豊富な収納スペースは、実際のユーザーからも高評価。

ラゲージスペースは2段階調節アジャスターブルデッキボードを設け、荷物の高さに応じて調整可能です。

②ホンダ:N-BOX

N-BOX

画像引用元:カーセンサー

新車価格1,428,900円~1,791,900円

シリーズ累計販売台数200万台を突破している「N-BOX」。

「人が中心」の発想で取り組んでいるホンダの車づくりの基本思想「マン・マキシマム/メカ・ミニマム」を充分に体現した車両です。

前席にフロントベンチシート、後席にチップアップ&ダイブダウン機構付スライドリアシートを装備しておりシートアレンジの多彩さは抜群

先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」を全タイプに標準搭載しており、より快適で安心なドライブをサポートしています。

③トヨタ:シエンタ

シエンタ

画像引用元:カーセンサー

新車価格1,818,5002,580,000

ミニバンながら300万円以下で購入可能な「シエンタ」は、若い親子世代に大人気です。

スタイリッシュで先進的なデザインと多彩なバリエーションで、きっと「お気に入りの楽しい1台」が見つかるでしょう。

最小回転半径は5.2mと扱いやすく、普段使いにジャストなサイズ感で様々なシーンに活躍できる1台です。

ミニバントップレベルの低燃費性能も、特筆すべき点と言えます。

年収500万円以下の方にオススメの3車種

年収500万円以上の方というのは、日本の平均的な給与所得者よりもやや高年収の層ということになります。

その分車もグレードの高い車種を選べるようになり、250万円前後を予算にすると良いでしょう。

①トヨタ:ハリアー

ハリアー

画像引用元:カーセンサー

新車価格2,990,0005,040,000

グレードによって差はあるものの、300万円以内で手が伸ばせるSUV「ハリアー」。

たくましくエレガントなフォルムが特徴的で、ラゲージスペースも使い勝手に優れています。

ダイレクトな操作感は「アクセルを踏んだ瞬間にわかる」とユーザーからもお墨付きの軽快さ。

スムーズな加速力も2.0L直噴エンジンならではですね。

②日産:セレナ

セレナ

画像引用元:カーセンサー

新車価格2,576,200円~3,716,900円

室内空間の広さはミニバントップクラスを誇る「セレナ」は、日産車の中でも特に人気の車種です。

広々とした空間とe-POWERの静かさ、大人数で乗降可能なスペースでファミリー層から絶大な支持を得ています。

シートアレンジも多彩で、ウォークスルーモードにシフトすれば車内の移動もラクラク。

3列目シートを倒せば大容量ラゲージスペースの出来上がりです。

③トヨタ:プリウス

プリウス

画像引用元:カーセンサー

新車価格2,597,0003,640,000

親しみやすくクリーンな表情が特徴的な「プリウス」。

人間工学に基づいて設計された室内空間は、見るたび・触れるたびに心地よく感じるインテリアです。

低燃費の代名詞」とも言われるほどの燃費性能ながら、重心高を下げたことによる優れた操縦性と高い走行性を両立

4WDシステムなら雪道でも安定した走りを見せるため、積雪地帯にお住まいの方でも気持ちよく乗れる車両です。

年収600万円以上の方にオススメの3車種

年収600万円以上ある方はある程度生活に余裕もでき、車にかけられる予算も多くなります。

予算感としては300万円~350万円程度を目安にすると良いでしょう。
これだけ収入があれば、外車にも手を伸ばせる範囲です。

①フォルクスワーゲン:ゴルフ

ゴルフ

画像引用元:カーセンサー

新車価格2,910,000円~3,750,000円

ゴルフ」はドイツ自動車メーカーのフォルクスワーゲン社が1974年に発表したハッチバック車。

世界の車種別歴代総生産台数ではトヨタのカローラに次いで2位のポジションです。

優れた機能的なデザイン安定した走行性、長時間乗っても疲れにくい運転のしやすさを有しています。

発売以来40年間、世界のベーシックカーの基準として多くのファンから愛されている車です。

②ホンダ:オデッセイ

オデッセイ

画像引用元:カーセンサー

新車価格3,583,000円~4,580,000円

ミニバンでありつつ低重心化を実現している高級ミニバン「オデッセイ」。

超低床プラットフォームを採用したことでゆとりのある居住空間はそのままに、まるでセダンのような安定感のある走行性を有しています。

フロントウィンドウなどには遮音ガラスを採用することで静粛性を大きく向上させており、実際のユーザーからも乗り心地は抜群という声も。

存在感ある独創的なスタイリングは、見る人を惹きつけるでしょう。

③マツダ:CX-8

CX-8

画像引用元:カーセンサー

新車価格2,994,200円~4,834,500円

クロスオーバーSUV「CX-8」は、魂動デザインと呼ばれる独特なエクステリアが持ち味。

マツダ独自のデザイン性で、「人の手にしか生み出すことができない、躍動的で生命力あふれる造形」を指します。

ドライバーのイメージとシンクロする心地よい走りは、G-ベクタリングコントロールプラスによって実現。
※G-ベクタリングコントロールプラス:ドライバーのハンドル操作に応じてスムーズで効率的な車両挙動を実現する技術

同時に同乗者にはリラックスできる乗り心地を追求したSUVです。

カーリースなら自分の年収よりワンランク上の車に乗れる可能性も!

カーリースならワンランク上の車に乗れ可能性も!

ご自身の年収よりもワンランク上の車に乗りたい人は、カーリースを利用するというのもひとつの手段です。
例えば、カーリースであれば年収が300万円以下の方でも400万円以下の車に手が届く可能性があります◎

カーリースとは月額制で車に乗れる車のサブスクリプションサービスのこと。
月額は残価を差し引いた金額を利用月数で割って算出する仕組みです。

そのため月額はカーローンの月々の支払額より割安になりますし、利用者の中には維持費も含めて「月々の車にかかる費用が3万円以上安くなった!」という声も。

ご自分の年収では手が届かなかった車も、カーリースを利用すれば乗れる可能性があるのです。

さらに月額の中には税金や保険料などの諸費用も全て含まれており、お財布に優しく車を持つことができちゃいます!

おすすめカーリースサービス①KINTO

KINTO

画像引用元:KINTO公式サイト

KINTO」はトヨタの新車に乗ることができる車のサブスクリプションサービス。

初期費用0円でトヨタの新車に乗れるとだけあって、カーリースサービスの中でも人気No.1のサービスです。

トヨタの人気車種が一挙にラインナップされており、月額は4万円台から乗れちゃいます!

KINTOで乗れる車種一覧
KINTO専用特別仕様車ヤリスG”KINTOツーリングセレクション”
コンパクトカールーミー/パッソ/ヤリス/アクア/GRヤリス RS/GRヤリス RZ”High performance”(マニュアル車)
SUVRAIZE/ヤリスクロス/C-HR/ハリアー/RAV4/カローラスポーツ/ランドクルーザー/ランドクルーザープラド【レクサス】
UX/NX/RX/LX
ミニバンシエンタ/ノア/ヴォクシー/エスクァイア/アルファード/ヴェルファイア
セダン・ワゴン・クーペプリウス/カムリ/カローラ/クラウン/カローラツーリング【レクサス】
ES/LS/RC
モデリスタ・GRパーツ装着仕様RAIZE モデリスタ仕様/ヤリスクロス モデリスタ仕様 ELEGANT ICE STYLE/ヤリスクロス モデリスタ仕様 ADVANCE ROBUST STYLE/C-HR GRパーツ仕様/RAV4 モデリスタ仕様/ハリアー モデリスタ仕様/ヴォクシー モデリスタ仕様/ヴェルファイア モデリスタ仕様/アルファード モデリスタ仕様/クラウン モデリスタ仕様【レクサス】
RX モデリスタ仕様/LX モデリスタ仕様

メンテナンスも全てトヨタの正規店が行ってくれるため、とにかく安心・安全です。

トヨタ正規店で行えるメンテナンス一覧
  • 法定点検
  • 定期点検
  • 車検※3年プランを除く
  • ロードサービス
  • 故障修理
  • 代車
  • 油脂類の交換及び補充
  • 所定の消耗品の交換
    【消耗品一例】
    エンジンオイル/エンジンオイルフィルター/エアクリーナーエレメント/タイヤ/バッテリー/ワイパーゴム/ウィンド・ウォッシャー液/エアコンフィルター/ブレーキパッド/ブレーキシュー/ブレーキライニング/ブレーキフィールド/各種電球/各種電池(電子キー・カードキー)など

KINTOの公式サイトには月々の支払いをシミュレーションできるフォームもあるので、「どれくらいの月額で車に乗れるか知りたい!」という方はぜひチェックしてみてくださいね!

【独自調査】実際のKINTOユーザからの口コミ

調査方法:WEBアンケート(クラウドワークス
調査エリア:全国
調査対象:KINTOを使用した人25名
年代:20代~50代
調査期間:2021年6月下旬

今まで維持費を気にして車を選んでいました。 定額支払うだけなので余計な心配がなくなり自分に合った車選びが出来るようになりました。 お金の管理もしやすくなりました。 心配していたアフターフォローも全く問題ありません。 定期的に新しい車に乗りたい私にはピッタリです。

-きたぐにさん/40代/男性
選んだ理由:新車に月額制で乗れる
契約した車種:【トヨタ】ヤリス/G1.5L・CVT・2WD
月々の支払額:44,550円(3年プラン)
走行距離上限:54,000km

自分みたいなお金の管理だったりを考えたくないひとのはオススメできます。 年齢の若い人もまとまったお金がなくても現実的な金額の車よりワンランクアップした車種を選択できるサービスなんだと思いました。

-KINTOしましたさん/30代/男性
選んだ理由:決まった額でお金の管理がしやすい

契約した車種:ヤリスクロス
月々の支払額:43,670円(3年プラン)
走行距離上限:54,000km

\トヨタの新車が4万円~乗れる!/
KINTOの支払いシミュレーションを
試してみる
※審査までWebで完結※

▼「KINTOの実際の評判はどうなの?」と疑問に感じる方は、以下記事も合わせてご参照ください。
>>【高い?】KINTO(キント)の評判・口コミってどうなの?利用した25人に聞きました!

▼「KINTOで乗れる車種を知りたい!」という方は、以下記事もぜひ参考にしてみてください。
>>KINTOの車種一覧を月額最安値とともにご紹介!KINTOが若者に選ばれる4つの理由とは?

おすすめカーリースサービス②定額カルモくん

カルモくん

画像引用元:定額カルモくん公式サイト

定額カルモくん」の月額はなんと業界最安値の1万円台~!
※2020年3月時点

月々500円を追加することで加入できる「乗り放題オプション」なら、契約満了時には追加料金なしで車両をもらうことができます!
※適応条件:新車7年契約時のみ

トヨタ・日産・ホンダ・マツダなど複数の正規ディーラー車を取り扱っており、選べる車種が断トツで多いのも特徴です。

定額カルモくんで選べる車種
メーカー車種
トヨタピクシスメガ/パッソ/ヤリス/ライズ/ルーミー/カローラアクシオ/カローラフィールダー/ヤリスクロス/アクア/シエンタ/ポルテ/スペイド/カローラ/カローラツーリング/カローラスポーツ/C-HR/プリウス/ノア/RAV4/86/ヴォクシー/ハリアー/アイエースワゴン/エスクァイア/アルファード/ヴェルファイア/ランドクルーザープラド/クラウン/スープラ/ランドクルーザー
日産ルークス/デイズ/マーチ/NV100クリッパーリオ/ノート/シルフィ/NV200バネットワゴン/エクストレイル/キックス/セレナ/エルグランド/フェアレディZ/スカイラインセダン/フーガ/シーマ
ホンダN-WGN/N-BOX/N-ONE/フィット/シャトル/フリード/ヴェゼル/ステップワゴン/ステップワゴンスパーダ/シビックハッチバック/インサイト/CR-V/オデッセイ/アコード/シビックタイプR
マツダキャロル/フレア/フレアクロスオーバー/フレアワゴン/フレアワゴンカスタムスタイル/フレアワゴンタフスタイル/マツダ2/CX-3/マツダ3ファストバック/マツダ3セダン/CX-30/ロードスター/CX-5/マツダ6ワゴン/マツダ6セダン/CX-8/ロードスターRF
スバルプレオプラス/シフォン/インプレッサG4/インプレッサスポーツ/スバルXV/フォレスター/レヴォーグ/WRX STI
スズキアルト/ワゴンR/ハスラー/スペーシア/アルトラパン/エブリィワゴン/ワゴンRスティングレー/ジムニー/スペーシアカスタム/アルトワークス/スイフト/スペーシアギア/イグニス/ソリオ/クロスビー/ジムニーシエラ/スイフトスポーツ/ソリオバンディット/エスクード
ダイハツミライース/ミラトコット/ムーヴ/タント/キャスト/タフト/ウェイク/ムーブキャンパス/ブーン/アトレーワゴン/トール/コペン/ロッキー/アルティス
三菱ekスペース/ekワゴン/ekクロススペース/タウンボックス/ミラージュ/デリカD:2/RVR/エクリプスクロス/アウトランダー

軽自動車が豊富にラインナップされている点も、選べる車の幅が増えて嬉しいですね。

とにかく安く車に乗りたい!」という方にとっては利用して損のないサービスです!

【独自調査】実際の定額カルモくんユーザーからの口コミ

調査方法:WEBアンケート(クラウドワークス
調査エリア:全国
調査対象:定額カルモくんを使用した人25名
年代:20代~50代
調査期間:2021年6月下旬

頭金がなくても月額利用料を支払うことで国内大手メーカーの人気車種の新車に乗れるのが魅力です。車にかかる様々な税金も含んだ料金なので追加料金が発生しません。基本ネットでのやりとりで安い値段設定なのも魅力です。

-かなさん/30代/女性
選んだ理由:新車に月額制で乗れるから
契約した車種:【トヨタ】ヤリス
月々の支払額:約30,000円

自分は大阪住まいであり、普段の移動や通勤なども公共交通機関を活用しております。それで車の利用することがありますが、頻度が浅いので、購入しても維持費が本当にかかってしまいます。ですが、こちらのサービスを活用すれば、費用を抑えながら車に乗車をすることができるので個人的にはよかったです!

-くろっちさん/30代/男性
選んだ理由:諸経費も含まれているから
契約した車種:ダイハツ ミライース
月々の支払額:約15,000円

\月額は業界最安値!/
定額カルモくんで
業界最安値のカーリースを利用する
※納車手続きまでWebで完結※

車と年収に関するその他のQ&A

Q1.年収が低い場合はどうやって車を買えばいい?

年収が低くて車を購入することが難しい場合、契約満了後にそのまま車がもらえるカーリースの利用がオススメです。

カーリースの月額は、残価(下取り価格)を差し引いた車両価格を契約月数で割って算出します。

契約満了後に車がもらえるサービスを利用した場合、差し引かれた残価の精算は不要です。

>>契約満了後に車がもらえるカーリースなら「定額カルモくん」がオススメ!

もしくは中古車を購入するという手もあります。

新車に比べて販売価格も安いため、50万円~100万円以下の中古車を探してみるのもアリでしょう。

オススメ中古車販売サイトは「ズバット車販売」!
ズバット車販売LP

画像引用元:ズバット車販売公式サイト

ズバット車販売」は、希望した条件に合わせて車探しのプロが中古車を探してくれるサービスです。

希望する条件は価格帯やカラー、車種・メーカーなどどんな条件でもOK!

ズバット車販売に提示できる希望条件例
  • 黒いカラーで走行距離50,000キロ以下のミニバンがいい
  • 予算は50万円以内、赤いカラーでトヨタ製の車ほしい
  • 100万円~150万円程度のSUVはある?
  • 青いカラーで年式は3年以内、運転しやすいコンパクトカーがいい

※価格帯・カラー・年式・走行距離・メーカー・車種・グレード、どんな条件でも提示可能です!

最初から予算を提示できるので、値引き交渉の手間も省けて楽チンです!

ズバット車販売は非公開車両も含めたの中からも条件に合う車を探してくれます。
※非公開車両:まだ市場に出回っていない・在庫登録されていない車

非公開車両の中には、もしかしたらアナタの希望条件にぴったりの車が眠っているかも知れません。

条件の良い車は早いもの勝ちですよ!

【独自調査】実際のズバット車販売ユーザーからの口コミ

調査方法:WEBアンケート(クラウドワークス
調査エリア:全国
調査対象:ズバット車販売を使用した人25名
年代:20代~50代
調査期間:2021年6月下旬

今回、初めてズバットさんを利用して車を購入しましたが、予定していた金額に近いところで購入できましたので良かったと思います。スタッフさんの対応も良かったですし、こちらの希望も色々と聞いてもらえたのでスムーズに購入まで行けました。良かったです。

-UNさん(40代・男性)
選んだ理由:条件指定で探してもらえるから
購入した車:【トヨタ】タント/G
購入金額:110万

ズバット車販売は初めて利用しましたが、もっと早く利用したかったと思うくらいです。市場に出回る前の非公開車両を紹介してもらいましたが、欲しかった中古車がリーズナブルな価格で手に入れられました。値引き交渉に対しても柔軟に対応してくださり、購入後の保証も万全。これからも中古車を購入の際には利用したいです。大満足です。

-ゆうたさん(40代・男性)
選んだ理由:非公開車両からも探してくれるから
購入した車:【三菱】eKワゴン660/M
購入金額:94万円

\非公開車両から車が見つかる!/
ズバット車販売で
希望の車を探してもらう
※申し込みはたったの4ステップ※

Q2.車を2台持ちするなら年収はいくら必要?

車の2台持ちは、購入したい車種にもよりますが年収500万~600万程度あれば考えることもできるでしょう。

年収の半分が購入資金の目安とすると、年収500万円の方は125万円程度の車を2台購入することができます。

ただし普通車2台だと維持費もかなり高く付いてしまうので、2台目は軽自動車にするなどの対策が必要です。

Q3.車を買えない年収はどの程度?

年収200万円を切っていると、車を購入するのはかなり厳しいと言えます。

ローンを組むにも審査に通りづらいですし、そもそも年収の半分(100万円)を車購入に充てるには現実的ではありません

「年収が低いけどどうしても車がほしい!」と言う方は、貯金して一括購入を考えてみるのも良いかも知れませんね。

Q4.年収の倍の車はローンで買える?買えない?

カーローンの借入上限は年収の半分まで

結論から言うと、年収の倍の価格帯の車をローンで購入することは限りなく不可能です。

そもそも年収の2倍の金額をカーローンで借入することは、審査に通りません

車の購入予算の目安が年収の半分と言われている理由は、どの機関においても年収の半分程度が借入上限であるためです。

上場企業勤務や公務員などの高属性なら年収比70%程度まで見てくれる場合もありますが、決して現実的ではありません。

それでもどうしても購入したい車種があるのなら、貯金して一括購入することを考えましょう。

年収とのバランスを考えた車選びを

車は購入後の維持費のことも考え、ご自身の生活水準と年収のバランスを考えて購入計画を立てましょう。

車を購入したことで生活が破綻してしまうことがあっては元も子もありません。

ライフスタイルを豊かにするための買い物なのですから、しっかりと今後のことも見据えて車選びをしてくださいね。

「年収のせいで車を購入できない…」という方は、ぜひお得なカーリースを利用してみてください!

>>おすすめのカーリースサービスをもう一度確認する